サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: お小遣いの行方?

2017年04月30日

お小遣いの行方?

__0218.jpg

最近の調査によると、日本の家庭のお小遣いの平均月額は、夫が3万1764円、妻が1万8424円なのだそうだ(明治安田生命保険調べ)。

これは、過去最高だった2007年に比べて、約9千円〜1万3千円少ない結果なそうで、それは現在の景気に関わるものであるよりは、右肩上がりの経済成長が望めなくなった時代の、先行きの不安に起因するものなのかも知れない。


そして、わが身を振り返ってみると――文筆業という仕事柄、どこまでが経費で、どこからが小遣いなのか、自分でもよく分からないのだが、書籍代や文具代は紛れもなく必要経費だから、私が使うのは酒代くらい、ということは、酒代分が小遣いということになるのだろうか?


そこに、バンビことパンクな彼女が、嬉しそうな顔をしてやってきた。

こういうときは、注意が必要である。


「あのね、いいことを思いついたんだよ!」

いったい、何だろう?

「城戸さんは、毎晩、ビールから始めて日本酒で晩酌しているけど、健康のことを考えて少し酒量を減らしたらいいんじゃないかな?」

たしかに。

年齢を考えるなら、いや、考えなくても飲みすぎである。

「かりにエビスのロング缶を一本減らすだけでも、月に9千円、年間で10万ちょっとの節約になるんだよ!」

そんなことは、考えてもみなかったな。

「もし、2本減らしたら、なんと年間で20万超だよ!」

それは、凄い。

それだけあったら、また、お酒が買えるだろう(?)。


「それで、節約したお金を子供のお小遣いにあげるのは、どうかな?」

子供?

「そ。
バンビの仔のお小遣いだよ!」
!!!!!!

なんで、そうなるんだ!?

「お手々にのせてあげて!」
・・・

「たっぷり、のせてあげて!」
・・・・・・


勝手なことを言って、バンビはくるくる踊っているではないか!


パンクだから仕方がないが、より厳重な警戒が必要である。
posted by 城戸朱理 at 16:07| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする