サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 鰻の串焼きで、その1

2017年06月06日

鰻の串焼きで、その1

IMG_6809.jpgIMG_6827.jpgIMG_6813.jpgIMG_6815.jpg



朝食は取らずに「まんぱく2017」に出かけたのだが、気づくと一万歩近く歩いていた。

フードフェスもディズニーランドのようなものかと思いながら、ホテルに戻って、小憩。


夜は、バンビことパンクな彼女と相談し、先日、設楽実氏に連れていってもらった鰻の串焼きの店「うなくし」に行くことにした。

鰻のさまざまな部位を串焼きで出してくれる店は、渋谷のうな鐵や荻窪の川勢など、都内に何軒かあるが、高柳克弘・神野紗希夫妻によると国立にもあるらしい。

たしか「うなちゃん」という店だったと思うが、開店と同時に常連で満席になってしまうため、なかなか暖簾を潜れないのだとか。

立川の「うなくし」は、テーブル席がメインなので、その点、気楽である。


ビールは、「赤星」ことサッポロのラガー。

突き出しは、バンビ好みのもずく酢。

まずは、トマトとつるむらさきのお浸し、冷やしトマト、奈良漬のマスカルポーネチーズ、肝わさびを頼み、乾杯する。

湯剥きしたトマトのお浸しは、出汁が染みて美味しい。

マスカルポーネと奈良漬の組み合わせも秀逸だった。

肝わさびは、茹でた肝を出汁に浸し、ワサビを添えたもので、肝刺のバリエーション。


串焼きは、ひと通りを頼んでみたら、まずは鰻の背のくりからと肝焼き、それにニラを巻いたヒレ焼きが出た。

鰻串となると、やはり日本酒を頼まないわけにはいかない。

ヒレ焼きは、鰻串の定番だが、ニラと鰻の風味が実によく合う。

川勢だと、蓮根の細切りをヒレで巻いたものもあったっけ。
posted by 城戸朱理 at 14:12| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする