サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 盛岡土産の食卓

2017年07月04日

盛岡土産の食卓

IMG_7087.jpgIMG_7090.jpgIMG_71280001.jpg



バンビことパンクな彼女が、いちばん喜ぶ盛岡土産は、海宝漬・中村屋のパルクアベニュー・カワトク限定、三陸産蝦夷アワビをまるごと一個使ったアワビステーキとアワビステーキ・グラタン。


中村屋では、「あわび肝バターガーリックライス」「かにグラタン」「いくら醤油ワイン味」と新商品が次々に発売されているので、こちらもまとめて宅急便で手配した。

だが、アワビの殻に詰めた焼きウニが見当たらない。

尋ねたら、「今、ウニを採っているところです」という答えが。

そうか、今、漁師さんがウニを採っているのか――


だが、盛岡駅に隣接したフェザン地下の魚屋で、瓶詰めの塩水ウニと焼きウニを発見。

保冷パックに入れてもらって帰途に着いた。


バンビは、スパークリングワインを冷やし、夕食を準備。


「今日は海産物祭だよ!」


パンクだから、何でもお祭にしてしまうのだが、この日はアワビステーキに、塩水ウニ、イクラの醤油ワイン味、あわび肝バターガーリックライス、かにグラタンが食卓に並んだ。

電子レンジで加熱するだけだから、手間いらずで、しかも、なかなか贅沢である。

とは言っても、外食で同じメニューを頼むのを考えたら、実は経済的。


アワビのステーキとステーキグラタンは2個ずつ買ったので、バンビは、しばらくアワビを楽しめるものだから、「ハァハァしちゃうなあ!」と興奮していた。
posted by 城戸朱理 at 08:38| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする