サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 田野倉康一・広瀬大志・高貝弘也・城戸朱理による連詩再開打ち合わせ&宴会

2017年07月08日

田野倉康一・広瀬大志・高貝弘也・城戸朱理による連詩再開打ち合わせ&宴会



「現代詩手帖」7月号に田野倉康一・広瀬大志・高貝弘也と私によるトークと連詩が掲載されたので、祝杯をあげがてら、連詩再開の打ち合わせをするべく、7月2日に4人で集うことにした。


私が提案したのは、以下の3案。


(1)神田神保町で古本屋回り→ランチョンで乾杯
(2)鎌倉で古本屋回り→クルベルキャンで乾杯
(3)国立で古本屋回り→立川の鰻串焼きで乾杯


結局、みんなが鰻串焼きに反応したものだから、鎌倉からいちばん遠い中央線の立川が会場になってしまった。


なんとも暑い日だったが、大志くんと私は国立で古本を見てから立川の鰻串焼き「うなくし」へ。


高貝くんと思潮社の遠藤みどりさんは、すでに到着していたので、まずはビールで乾杯。

前の晩に声をかけた遠藤朋之氏も駆けつけてくれた。


遠藤みどりさんが、高校生のとき、初めて買った詩集が広瀬大志『喉笛城』と伊武トーマ『A=a』、
しかも、立ち読みして購入を決めたのではなく、直感で選んだのだとか。

そのきっかけになったのが、私が「幻想文学」に書いた原稿だったそうだが、本人は何を書いたか、まったく覚えていなかった。

『喉笛城』は私が栞を書いているし、『A=a』は、帯に私の言葉が引かれているので、その意味では、高校生のときの遠藤みどりさんと私も出会っていることになる。


田野倉くんは、野川朗読会出演のため、一時間遅れで合流。

再び、乾杯する。


連詩については、来年1月までに、あと10篇を書こうという話になったが、最初の出題は大志くんに決まった。


ところで、田野倉くんは相変わらず、よくしゃべる。

到着してから、一瞬たりとも途絶えることなく、話し続けていたのではないだろうか。


「ぼくはマグロと一緒で、しゃべってないと死んでしまうんだ」と田野倉くん。

マグロは泳ぎ続けていないと死んでしまうそうだが、だとしたら、田野倉くんは寝ている間も寝言を言い続けているのだろうか?


驚いたのは、高貝くんが、ボブ・ディランのファンだったこと。

小学生のとき、初めて買ったEPレコードがディランで、なんと、これまで6回の来日公演すべてに行っているというではないか。

高貝くんとは、武満徹やアルヴォ・ペルトなど、現代音楽の話しかしたことがないので、ディラン好きとは知らなかった。

「初めて聞いた」と大志くん。

「あれ、言ってなかったですか」と高貝くん。

「ビートルズの話なら聞いたけど」

そこから、話題はビートルズに。


なんと、ポール・マッカートニーの初来日のとき、3人とも会場にいたのが判明。

ちなみに、ディランの2回目の来日公演のときも、3人とも武道館にいたのが分かった。


さらに驚いたのは、高貝くんが、AKB48のファンだったこと。

なんでも、秋元康さんを尊敬しているそうで、AKB48のドラマもすべて観ているというではないか。

意外だったが、まさか高貝くんとAKB48や欅坂46のことを語り合う日が来るとは思わなかったな。


今回は、2000円以下、1000円以下で入手した古本を持ち寄ることにしていたので、それぞれ披露したのだが、この企画は実に面白い。

次回から記録を取ることにしよう。
posted by 城戸朱理 at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする