サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 再び、たつみやへ

2017年07月13日

再び、たつみやへ

IMG_7217.jpgIMG_7220.jpgIMG_7223.jpg



9日は、セッションハウスに入る前に昼食を取ることにしたのだが、「また、たつみやに行くのはどうかな?」とバンビことパンクな彼女が言い出した。

2日続けて、同じ店に行こうというのだから、よほど気に入ったのだろう。

私も異存はない。


開店10分前に到着し、暖簾が出るのを待った。


「また来ました」と挨拶し、まずは、ビールと骨せんべい。

メニューにはないが、昨夜、隣のテーブルのお客さんが肝焼きを頼んでいたので、聞いてみたら、「出来ます」とのこと。

出てきた肝焼きを見て、バンビは「もっちりしてるね!」と驚いていたが、この肝焼き、肝ばかりではなく、肝とエリを交互に刺し、ヒレを巻いたもので、鰻の旨みが凝縮しているものだから、こよなく酒に合う。

こんな肝焼きは初めてだが、おそらく、捌いた鰻の数しか肝がないので、メニューにはないのだろう。


バンビが楽しみにしていたのは、絶品の白焼き。


「やっぱり美味しいね!
アイスクリームに乗せたいくらいだよ!」
???


どう考えても鰻の白焼きが、アイスクリームに合うはずはないが、これはどうやら「とろけるようだ」のバンビ流表現らしい。


「剛造先生をお連れしたら、きっと気に入られるよ!」

たしかに。

吉増さんは、鰻がお好きなので、次回の打ち合わせはここにするといいかも知れない。


食事はいちばん軽い鰻丼にしたが、たつみやは御飯の盛りが多めなので、次回からは御飯を少なめで頼むことにしようと話し合った。

要するに、ふたりとも、機会があり次第、また来る気なのである(笑)。
posted by 城戸朱理 at 11:26| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする