サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 「詩歌と音のプリズム」展@日本現代詩歌文学館

2017年07月30日

「詩歌と音のプリズム」展@日本現代詩歌文学館

IMG_7554.jpgIMG_7555.jpgIMG_7558.jpgIMG_7560.jpg



今回の目的のひとつが、日本現代詩歌文学館で開催されている「詩歌と音のプリズム」展を観ること。

音を題材とする詩歌の自筆原稿が展示されているのだが、俳人・歌人・川柳作家が色紙で、詩人は原稿用紙。

当たり前といえば当たり前だが、この違いは面白い。


詩人だと、暁方ミセイさん、岸田将幸さん、渡辺玄英さんなどの自筆原稿を興味深く拝見した。

詩人その人とは面識があっても、どんな字を書かれるのかは分からない時代だけに、手書きの文字を見るのは、人格の別の面に触れるような面白さがある。


また、自筆原稿の合間に、新国誠一のコンクリート・ポエムやヨーゼフ・リンシンガー、北園克衛、高橋昭八郎、伊藤元之、金澤一志といった諸氏のヴィジュアル・ポエムが展示されていたのも、効果的だった。

バンビことパンクな彼女は、伊藤元之さんのミクストメディアによる作品「plastic poem No.0」を見るのが目的だったらしい。

金澤一志さんの抽象画のような写真に文字を配した作品「音を書く音」「音を消す音」も鮮やかだった。

ちなみに、ポスターに使われているのは、藤富保男「4minutes33seconds of John Cage」である。


不安定な気候が続いていたが、この日は晴天が広がり、暑いが、気持ちのよい一日になった。
posted by 城戸朱理 at 08:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする