サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 仙台弁こけし!? その2

2017年08月09日

仙台弁こけし!? その2

IMG_7778.jpg



仙台弁こけしの向こうを張って、バンビことパンクな彼女が、「博多弁こけし」と自称するようになってしまった。

たしかに、バンビは博多弁を話せるが、博多弁こけしと言いながら話すのは仙台弁なのである。


「まぼいっちゃ!」

「はかはかするう!」


「まぼいっちゃ」は「かっこいいね」、「はかはかする」は「ドキドキする」という意味。

私が気に入っているのは、「ぺったらこい」(ひらべったい)である。

しかし、私もバンビも単語と言い回しを10ほど覚えただけなので、かなり出鱈目な仙台弁なのは間違いない。


仙台に行く機会があったら、着ぐるみの仙台弁こけしにも会ってみたいものだと思っていたら、公式ツイッターで、仙台弁こけし切手が発売されることを知った。

しかも、仙台の郵便局限定――

これは、欲しい。

どうしても、欲しい。

そこで、仙台在住の富田真人氏にお願いしてみた。

富田さんは快諾して下さり、そして、届いたのである「仙台弁こけし オリジナルフレーム切手 夏だっちゃ!」が!


「はかはかするっちゃ!」とバンビ。

「ぺったらこい!」と私。


「夏だっちゃ!」ということは、これから「秋だっちゃ!」や「冬だっちゃ!」も出るのだろうか?

ともあれ、仙台弁こけし切手で、手紙を出しまくろう(?)。


切手のみならず、富田真人氏が21歳のときに出した詩集『usubakagerou』のコピーが同封されていたのも嬉しい。

この詩集に関しては、別に紹介したい。
posted by 城戸朱理 at 17:35| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする