サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 夕食は寿司屋で

2018年08月04日

夕食は寿司屋で

IMG_4269.JPGIMG_4279.JPGIMG_4272.JPGIMG_4276.JPG



午後に所用を終えて、ホテルでひと休みしたのだが、盛岡も暑いとはいえ、日が暮れると、やや肌寒さを感じるほどで、過ごしやすい。

夕食は、バンビことパンクな彼女と相談して、菜園の三寿司に行ってみることにした。


納豆巻きを考案した寿司屋だというが、初めて入る店である。


手軽にお寿司が楽しめる店だと聞いていたが、これが本当だった。

とりあえず、特上握りを頼んでみたのだが、いきなり、赤身にトロ、アワビを出されて、バンビが目を丸くしている。

続けて、赤貝にぼたんエビ、ウニの軍艦。

アワビは蝦夷あわび、ウニは重茂産とネタもいい。

これに筋子ときゅうりを巻いた海苔巻き6個が出て、1850円(しかも税込)。

握りはシャリが大振りで、酒の当てというよりは食事としての寿司という感じである。

さらに、サービスのあら汁はおかわり自由。


納豆巻きも頼んでみたが、ひきわりではなく花巻産の大粒な納豆を巻いたもので素朴な味わいだった。


この寿司でこの値段かと感心して、平目にシャコ、帆立を切ってもらって飲んでいたら、なんと設楽実氏が合流。

バンビがお寿司の写真をLINEで設楽くんに送っていたらしく、8時まで仕事でお腹を空かせた設楽くん、お寿司につられてやってきたというわけ。

設楽くんも特上握りを頼んで、あっという間に完食していたが、コストパフォーマンスの高さに驚いていた。


三寿司では、ネタの産地と値段が明記され、ネタの鮮度もいい。


家族連れもいれば、ひとりで寿司をつまんでいる学生もいたが、並み握りで850円、上握りで1300円という値段だから、学生でも来れる寿司屋なのだろう。
posted by 城戸朱理 at 09:22| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする