サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 白いシーツと白いタオルと

2018年08月06日

白いシーツと白いタオルと



わが家の洗面所には、厚手の白いタオルが10枚ほどバスケットに入れて置かれている。

無印良品のフェイスタオルで、使ったら、そのまま洗濯機に放り込むのだが、冬にバスタオルをラルフ・ローレンで新調したとき、チェックのフェイスタオルも買ったので、バンビことパンクな彼女が「白いタオルは傷んだら雑巾にして、いずれラルフ・ローレンに交換したらどうかな?」と言い出した。


猛暑日が続くだけに、一日で使うタオルの量も半端ではない。

少しずつ、新しいタオルに交換していったら、気持ちがいいかも知れない。


バンビは白いシーツを一週間分買い込み、頻繁にシーツを交換している。


「この猛暑だから、洗い立てのさらっとしたシーツで、よく眠れるようにするんだよ!
毎日、交換したらどうかな?」


たしかに洗い立てのシーツは気持ちがいいが、今年の記録的な猛暑は、それでも耐え難いものがある。

シーツもタオルも、洗って干すとあっという間に乾いてしまうのが、せめてもの救いだが、そういえばインドのガンジス川中流域を旅したとき、昼食のあとシャツを洗って屋外に干すと30分ほどで乾いたのを思い出した。

今や、日本もインド並みかと思って、インドの気温を確認してみたら、日本のほうが暑いではないか!

日本は熱帯ではなく、超熱帯になってしまったようだ。
posted by 城戸朱理 at 22:14| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする