サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 韓国、廣州窯の白磁

2018年09月21日

韓国、廣州窯の白磁

IMG_5355.JPG



骨董の世界、とりわけ茶道具に関しては箱書きが重視されるが、それはこれまで誰が所持してきたかという伝来を尊ぶからで、それとは別に真贋の保障となる鑑定の箱書きもある。

この箱書き、作家物の場合は遺族がすることが多い。


陶磁学者や陶芸家が、古作の箱書きをすることもあるが、なかでも絶大な信頼が寄せられているのは古山子(小山冨士夫)だろう。

世界的な陶磁学者だった古山子は、その晩年、作陶にいそしんだが、本人が酒豪だっただけに酒器は、とりわけ魅力がある。

小山さん自身は、中国の明時代の染付や高麗青磁、李朝、古唐津や初期伊万里など、さまざまな古器で晩酌されていたようだが、そのコレクションは書籍や雑誌で何度か紹介されている。


そのなかで、私が気になったのは、現代の韓国で焼かれたという廣州窯の白磁盃だった。

小山さんは次のように書いている。



「上の左は韓国の広州で今つくっている盃だが、
私のつくるものなどより、はるかに酒がおいしく、そしてのみいい。
晩酌はたいがいこれにしている。
ソウルの街で日本金にして二百円で買ったものである」



この記述がある『ぐい呑み楽し』(光芸出版)が刊行されたのは、昭和46年(1971)。

『値段の風俗史』(朝日新聞社)によると、当時はタクシーの初乗りが100円、ビールの大ビンが120円、映画の封切り館の料金が700円だったそうだから、200円は今なら800円くらいの感じだろうか。

ぐい呑みの値段としては、破格に安い。


韓国には、そんな手頃で使いやすい焼き物があるのかと羨ましく思ったものだが、10年ほど前にソウルを訪れ、仁寺洞(インサドン)を歩いているとき、廣州窯のお店を見つけた。

当時のソウルは、どちらを向いてもハングルばかりで、中を覗いてみたないと何の店か、分からなかったが、廣州窯だけは珍しくも漢字の看板が出ていたので、ひと目で分かった。


これが小山さんが書いていた廣州窯かと、いささか興奮し、ぐい呑みや小皿を求めたのだが、白磁のぐい呑みは3000ウォンと3500ウォンで、300〜350円ほど。

小山さんよりも安く買ったことになる。

口径15cm、馬盥型の白磁皿も、重宝している。


翌年、再訪して求めた陶器の筒盃は、やや高かったが、それでも1000円ほどだったろうか。

こちらは灰色の胎土に白化粧土をかぶった粉引と同手の焼き物で、使うほどに経年変化が楽しめる。


たしかに使い勝手はいいし、韓国に行くたびに食器類も少しずつ買い足していこうと思っていたのだが、次に行ったら、廣州窯のお店じたいがなくなっていた。


韓国にも久しく行っていない。

『リナ』に続く長編小説『ライティングクラブ』の邦訳が出たばかりの作家、カン・ヨンスクさんから久しぶりに連絡をいただいたが、また韓国を旅してみたいものである。


posted by 城戸朱理 at 16:38| 骨董・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。