サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 渚亭たろう庵の夕食、その2

2018年10月05日

渚亭たろう庵の夕食、その2

IMG_5110.JPGIMG_5115.JPGEffect_20181004_171852.jpgEffect_20181004_171833.jpg



渚亭たろう庵では、夕食のときアワビか岩手産短角牛か、どちらかを選ぶようになっている。

お造りにアワビを入れてもらったので、本来なら短角牛はなしなのだが、バンビが松本社長にお願いしたところ、松本社長は、原価で提供してくれた。

それが〈岩泉短角牛のフィレステーキ、マディラ酒ソース〉である。

わが国の畜産は、サシが入りやすい黒毛和牛が主流だったが、近年の熟成肉ブームで脚光を浴びたのが、短角牛。

生産量が少ないため、きわめて高価だが、緻密な繊維で赤身の美味しさが堪能できる。


さらに和風の魚料理〈田老産ブリ大根〉は、出汁がしみた大根と加熱が見事なブリの対比が素晴らしかった。


食事は、田老産ウニの炊き込みご飯と田老産ウニの白玉とめかぶのお椀で終わり、デザートの盛り合わせが出た。


ロケ飯とは思えない夕食にクルーも満足していたが、これもバンビことパンクなプロデューサーの力技である。
posted by 城戸朱理 at 14:38| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする