サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 「幻を見るひと」公開まで

2018年12月11日

「幻を見るひと」公開まで

IMG_5467.JPGIMG_5468.JPG



東京都写真美術館での「幻を見るひと」限定7日間ロードショーが、12月2日に終わった。

公開まで多忙を極め、ブログの更新ができなかったが、今日からゆるやかに再開したい。


それにしても公開までは大変だった。

9月22日の製作委員会会議で、マスコミ試写が決まり、10月9日と15日のマスコミ試写に向けて、わが家は不夜城と化した。


配給プロデューサーのバンビことパンクな彼女は、デザイナーの井原靖章さんと連絡を取りながら、まずはマスコミ試写案内状を作製して、発送作業に入り、
続けてポスターとフライヤーの制作に入ったのだが、作業は連日、午前3時、4時まで続き、翌朝、徹夜で作業していた井原さんから版下がメールで届くのだから、
誰もが、いつ眠っているのか分からないような日々が続いた。


ポスターとフライヤーは、なんとかマスコミ試写初日に完成。

無事に試写を迎えることができた。


「幻を見るひと」は、フライヤー制作時には、16の国際映画祭に招待され、
グランプリ、最優秀監督賞を含む8つのトロフィーを獲得していたが、
マスコミ試写からロードショー期間中に、フランス、ボリビアふたつの国際映画祭の招待が決まり、
さらにフロリダで開催されたカッティング・エッジ国際映画祭、
ボリビアのシエラ国際映画祭でグランプリを受賞、
ロードショー期間中に19の国際映画祭の招待と10個のトロフィーという快挙を達成。

マスコミ試写時には、私の手元にある4つのトロフィーを持参したが、
吉増剛造さんも映画の公開がついに実現して、いささか興奮気味だった。


posted by 城戸朱理 at 13:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。