サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 追悼 入沢康夫先生

2018年12月11日

追悼 入沢康夫先生



「幻を見るひと」のロードショーも終わりに近づいた11月29日に野村喜和夫さんからメールで、
さらには田野倉康一くんから電話で、入沢康夫さんが亡くなられたという連絡があった。


入沢さんが亡くなったのは、10月15日。

ご家族だけで密葬を済ませてから、連絡をとられたらしい。


その日のうちに「現代詩手帖」から追悼特集の原稿依頼が、翌日には、共同通信と毎日新聞から追悼原稿の依頼があった。


12月2日は、「幻を見るひと」ロードショーの最終日で、私は上映後のトークに出演しなければならなかったが、午前中に共同通信の追悼原稿を書き上げてメールし、
さらに恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館に向かう湘南新宿ラインの車中で、「岩手日報」元日朝刊に掲載される「日報文芸」の選評を執筆。

翌日、共同通信のゲラをチェックし、先週、配信された。


わが家には、入沢康夫さんの手製本がある。

これは、『死者たちの群がる風景』を、入沢さん自身が、理想とする組み方で編んだもので、限定一部の私家版。

30年ほど前に、入沢さんのお宅にうかがったときにいただいたものだが、この私家版のことは、「現代詩手帖」に詳しく書きたいと思っている。



御冥福をお祈りいたします。
posted by 城戸朱理 at 17:16| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする