サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: ストーンクラブの週末

2019年11月06日

ストーンクラブの週末

IMG_9327.JPG



振り返ってみると、7月から食事の準備は、ほとんど私がやっている。

バンビことパンクな彼女はすっかり味を占め、ちょこんと座って料理が出来上がるのを待っているようになってしまった。


ブロッコリーやアスパラガスを茹で、茄子を焼き、ピーマンを炒め、カボチャをそぼろ餡かけにするなど、野菜がつねに4、5品並ぶのだが、バンビが「野菜ばっかり食べてるとウサギになっちゃうよ!」と不満顔なので、厚切りの豚ロース肉を味噌漬けにしたり、ステーキを焼いたり、ぶりを幽庵焼きにしたり、なにかしら肉か魚の主菜も作るようにしている。


バンビが久しぶりに蟹を食べたくなったらしく、ストーンクラブを取り寄せたので、週末は久しぶりのストーンクラブでささやかな宴会となった。


ストーンクラブ(石蟹)は、天敵のタコから身を守るためハサミが異様に発達しており、ハサミだけを収穫して海に放すと、またハサミが生えてくるのだとか。

殻は石のように硬く、木槌で割って供する。


この日はバンビが準備してくれたのだが、ストーンクラブには溶かしバターとレモン、あとはトーストとシャンパンがあれば何も言うことはない。

バンビが、アボカドやルッコラのサラダにフルーツも整えてくれた。


ストーンクラブは日本のずわい蟹や毛蟹のような繊細さこそないものの、豪快な旨さで、とりわけ溶かしバターがよく合う。


「んふ! やっぱり美味しいね!」


今年は1月に福井で越前蟹を、5月にハワイでダンジネスクラブを食べたが、ストーンクラブには、また違った味わいがあって楽しい。
posted by 城戸朱理 at 13:03| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする