サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: ビストロ・オランジュにて

2019年11月13日

ビストロ・オランジュにて

IMG_6860.JPGIMG_6858.JPGIMG_6866.JPGIMG_6863.JPGIMG_6868.JPG



ツルノリヒロさんとアコースティック・カフェのコンサートの打ち上げで行ったビストロ・オランジュは、みなさんに好評だった。

飲み放題のプランだったのだが、キャロット・ラペ、根セロリのマリネ、フォアグラ入りの田舎風パテ、鶏レバーのムース、藤沢産生ハムといった前菜のあと、カボチャのスープ、真鯛のポアレ、ほろほろに煮込まれた豚肉、そしてデセールというフルコース。

お酒もワイン、スパークリングからキール・ロワイヤルのようなカクテルまで好みのものを選べる。

これで、ひとり5000円だから、居酒屋より安いくらいだ。


ビストロ・オランジュは、私もときどき立ち寄るが、今年の春でシェフとソムリエが辞め、社長自らが昔のように厨房で采配を振るっている。


今回は料理の写真を撮らなかったので、写真は2月11日に行ったときのもの。

バンビことパンクな彼女とスパークリングワインで乾杯してからメニューをじっくり読んで、頼んだのは、根セロリ、赤キャベツ、パテに鶏レバーのムース、生ハム。

さらに鹿肉とフォアグラ、プラムのパテを。

プラムの甘酸っぱさが、肉を引き立てる。


羊肉の挽き肉をタマネギやパブリカ、ニンニクと炒め、ワインで煮込むバスク地方の家庭料理、アショア・ド・ブフは、ご飯が添えられ、クスクスと同じようにアリッサ(唐辛子とニンニクのペースト)が欠かせない。

好みでライムをかけるのだが、ご飯に柑橘類という組み合わせは、日本にはないもののひとつではないだろうか。


そして冬ならではのジビエ、ウズラのグリエ。

これを食べるために、冬になると通うことになる。



鎌倉では大人数で入れる店がほとんどない。

ビストロ・オランジュは、10人以上でも対応してくれる数少ない店であり、逆に1階のカウンターで、ひとりで軽く飲むこともできる。

居酒屋感覚で楽しめる、カジュアルなフレンチだ。
posted by 城戸朱理 at 11:49| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする