サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 夕食に葉山牛を焼いてみたら

2019年11月24日

夕食に葉山牛を焼いてみたら

IMG_9504.JPGIMG_5741.JPG

ここしばらく、わが家では私が食事の準備をしているが、野菜料理が多いものだから、バンビことパンクな彼女は、ときどき肉が食べたくなるらしい。


「城戸さんは頭を使うお仕事なんだから、もっとお肉を食べなきゃダメだよ〜」と、よく言っている。

本当は自分が食べたいのである。


もちろん、肉を使わないわけではない。

20日(水)のお昼には、きりたんぽ鍋を作ったのだが、ささがきのゴボウや舞茸だけではなく、鶏肉も使っている。

だが、バンビは料理の具材ではなく、肉単体の料理が食べたいわけだから、元町ユニオンで葉山牛を買ってきた。

ついでに、シャインマスカットや巨峰、ピオーネなど、いずれも千円超の見事な蒲萄が並んでいたので、ピオーネを選ぶ。


この日は、ブロッコリーを茹で、トマトはオリーブオイル、塩・胡椒で。

ほかに茸のガーリック炒め、小松菜の煮びたし、ピーマン炒め、焼き茄子、ひじき煮、それにフルーツが蒲萄(ピオーネ)。



お腹を空かして帰ってきたバンビは葉山牛を見つけて大喜びしている。


「思わず、葉山牛に微笑んじゃうなあ!」


何も肉に向かって、微笑まなくてもいいのである。


和牛A5等級、葉山牛のカルビは室温に戻しただけで、脂が溶け出してくる。

そのまま、握りにしてもよさそうなくらいだったが、軽く炙って塩・胡椒した。


バンビは玄米御飯で葉山牛を食べ、さらにピオーネを。


「プルーンかと思ったら、とっても大きい蒲萄だよ!」と驚き、いざ食べ出したら無言で次から次に皮を剥いているではないか。

どうしたのかと思ったらーー


「このピオーネは大きいうえに、枇杷みたいにむっちりして、とても美味しいから、城戸さんが気づく前に、いっぱい食べようと思ったんだよ!

でも、ちっちゃいから5個食べたら、お腹がぽんぽんになっちゃったんだなあ!」
・・・・・・


ちっちゃいからではない。

葉山牛と野菜と御飯を食べたからである。


葉山牛は口のなかで溶けるようで、たしかに美味しいが、濃厚なので、ひとり100gも食べられない。

そのうえでピオーネがとても美味しいことに気づいたバンビは、独り占めしようと急いで食べていたらしい。

そんなに焦らなくても、まだたくさんあるから大丈夫なのに。
posted by 城戸朱理 at 22:38| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする