サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 盛岡の寿司〜すし処かね田、その2

2019年12月20日

盛岡の寿司〜すし処かね田、その2

IMG_8168.JPGIMG_8172.JPGIMG_8174.JPG



すし処かね田でも、光物は出ないし、白身も少ない。

写真は三人前だが、いきなり大とろやウニが出る。

やはり北寄貝は欠かせないし、さらに御主人が「今日はいいウニが入ったんで」と言って、ウニがまた出た。



こうして見ると、盛岡の寿司は、ウニ、いくらといった三陸の名産を中心に赤身と貝で組み立てられているのが分かる。

玉子は白身などを練り込んだ江戸前の仕事、蒸し海老は、活海老を使ったと思われる見事さ。


岩手だと、巻き物も筋子巻きが欠かせないが、すでにお腹がいっぱいで、この日は頼めなかった。
posted by 城戸朱理 at 09:21| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする