サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 石巻の寿司・寳来

2019年12月24日

石巻の寿司・寳来

IMG_9877.JPGIMG_9879.JPGIMG_9885.JPGIMG_9887.JPGIMG_9889.JPG



石巻は捕鯨基地だけに鯨が居酒屋のメニューにもある。


夕食は石巻グランドホテル並び、徒歩1分の寿司屋・寳来を予約した。


ビールで喉を潤し、付きだしは、北寄貝の紐煮とほうれん草。

ほうれん草の味が濃い。

一般に流通している洋種ではなく和種のほうれん草だろうか。


牡蠣酢をもらい、寿司は、鯨の刺身付きのお任せを頼んだ。

牡蠣酢の三杯酢の加減も素晴らしかったが、鯨の刺身は、さすがに旨い。

赤身と脂を合わせた刺身は、捕鯨船に乗り込んだことがあるC.W.ニコルのエッセイで読んだことがあるが、癖がなく柔らかな旨みが口中に広がる。


寿司はひと皿目が、いしなぎ・大トロ・鯵・アワビ・締め鯖・ぼたん海老。

ふた皿目が、蟹味噌・ウニ・白子・たらこ・穴子・鉄火巻き。


ネタはさすがだったが、たらこは生で薄皮を剥ぐのが石巻のスタイルらしく、ホテルの朝食でも、同じようなたらこが出た。


寳来で、河北新報の宮田健記者が合流。

2年前から詩にはまったという宮田さんに質問責めにあうとは思わなかった(笑)。
posted by 城戸朱理 at 16:44| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする