サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 町中華で大失敗!?

2020年02月13日

町中華で大失敗!?

IMG_0943.JPGIMG_0940.JPGIMG_0945.JPGIMG_0950.JPGIMG_0948.JPG



ホテルの部屋に戻って試写の結果をまとめ、20時近くなってから出かけた。

お昼は寿司だったので、夜は気楽に町中華にしようということになり、四つ角飯店へ。


まずは焼き餃子に水餃子。

餃子はニンニクがガツンと効き、ビールと最高の相性で、町中華の醍醐味。

ここまでは良かったのだ。ところがーー


ニラレバ炒めも、薄切りで柔らかく仕上げたレバーとシャキッとした野菜で、ビールに合う。

だが、量が半端ではない。

普通の町中華の倍以上あるのではないだろうか。


バンビことパンクな彼女が「フレッシュザーサイと蟹玉をもらうよ!」と注文してしまったので、多すぎるのではないかと思ったが、その通りになってしまった。

ザーサイなど、瓶詰めにしたら、ふた瓶ほどの量がある。


そして湯麺とミニ炒飯。



「ミニ炒飯もミニと言いながら普通の炒飯くらいのポーションだよ!
どこがミニなのかな!?」



明らかに頼みすぎである。

幸い、中華の場合は汁物意外は持ち帰り出来るので、ザーサイ、ニラレバ炒め、炒飯は包んでもらうことにした。

湯麺は、野菜が麺の倍以上入っており、白湯には野菜の旨みが溶け出して、優しくも味わい深い。


いい店だったが、注文する段階で、盛りが多いのを教えて欲しかった。
posted by 城戸朱理 at 10:53| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする