サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 詩的前衛の所在、新国誠一展へ

2007年08月01日

詩的前衛の所在、新国誠一展へ



わが国の「視覚詩」にとって、北園克衛と並ぶ先駆者として、国際的に評価が高まりつつある新国誠一の没後30年を記念して、「新國誠一&ASA(芸術研究協会)その軌跡とオマージュ展」が開催される。




会期は8月23日〜29日。

会場は、ギャラリーオキュルス(TEL03ー3445ー5008)



新国誠一は文字の形象性に詩を発見するコンクリート・ポエトリー(具体詩)の実験を終生、貫いたが、その軌跡は、20世紀中葉からの
詩的前衛の所在を示すものであり、日本の「戦後詩」に欠落していた可能性を体現するものと言えるだろう。




また、この展覧会に合わせて記念イベントが開催される。


詳細は次の通り。



「新國誠一・音声詩イベント」

8月26日(日)13時30分開場 14時開演

場所/国際文化会館(六本木5−11−16)

電話03−3470−4611

入場料/2,000円



<プログラム>

総合進行/ヤリタミサコ

新國誠一の詩の朗読/足立智美

音声詩の解説/ヤリタミサコ・吉沢庄次

座談会/藤富保男・向井周太郎・吉沢庄次・
足立智美・松井茂・中村惠一・ ヤリタミサコ(司会)




以前、このブログで、記念イベントの音声パフォーマンスは、足立智美・松井茂両氏の出演と伝えたが、正しくは、上記のようなプログラムになる。



藤富保男氏を始めとして、「ASA」に参加した伝説的な視覚詩人、向井周太郎、吉沢庄司氏と新世代の詩人たちの出会いから、どんな新国誠一像が立ち上がるのか、期待したい。
posted by 城戸朱理 at 08:48| イベント告知など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする