サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 台風7号上陸

2005年07月28日

台風7号上陸



台風がくると列島が騒然としていた朝、裏山では、リスが御機嫌らしく「ケタケタケタ」という鳴き声が。

昨年の「最強の台風」22号は豪雨を伴って、鎌倉では400ヶ所を超える土砂崩れや住宅の冠水に見まわれ、死者まで出るという甚大な被害を被ったが、台風が去ったあと、しばらくリスの姿を見ることはなかった。

きっと強風で飛ばされたに違いないと思っていたら、一週間ほどで、また鳴き声が聞こえてきて、さらに「最大の台風」23号で、また飛ばされていった。


今回の台風7号は、リスを飛ばすこともなかったらしい。

今朝も御機嫌な鳴き声が聞こえてくる。


昨年の記憶が、まだ鮮やかなせいか、今回は、台風襲来を前に早々と避難所が開設されるなど、迅速な対応がなされた。


「天災は、忘れたころにやってくる」という名高いフレーズは、夏目漱石門下で、名随筆家として知られる寺田寅彦の言葉だというが、リスではないのだから、忘れずにいるのが正しい。


台風が去ったと思ったら、今度は猛暑。


リスだけが御機嫌である。
posted by 城戸朱理 at 10:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする