サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ: 美味しい話

2018年10月14日

鰻の串焼きで飲む、その2

IMG_5349.JPGIMG_5352.JPG



9月19日に設楽実氏と「うなくし」で打ち合わせたときは、設楽氏が夏越しの鰻気分だったので、串焼きは控えめにして、白焼きと鰻重を頼んだ。


白焼きをわさび醤油でつまみつつ、ビールを飲むのは、大人の楽しみだろう。

鰻重は、御飯を少なめにしてもらって、日本酒で。


田村隆一さんは蛇が嫌いだったものだから、鰻も苦手だったらしいが、田村さんに仲人をしてもらった吉増剛造さんは、鰻がお好きである。
posted by 城戸朱理 at 10:33| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鰻の串焼きで飲む、その1

IMG_5339.JPGIMG_5340.JPGIMG_5343.JPGEffect_20181013_163757.jpgIMG_5344.JPG



国立に「うなちゃん」という鰻の串焼きの店がある。

俳人の高柳克弘さんによると、5時の開店と同時に高齢者の常連で満席となり、なかなか入ることが出来ないそうだ。

渋谷と吉祥寺の「うな鐵」とか荻窪の「川勢」とか、鰻の串焼きを出す店は、都内にいくつかあるが、串焼きになったとたん鰻も庶民的なものになる。


どの店でも「ひと通り」というメニューがあるが、内容は、それほど違わない。


立川の「うなくし」の場合、「ひと通り」は、「くりから」で始まる。

何度も食べているのに、くりからを口にするたびに「うまいな、これ」と初めて食べたように感心するのが井上春生監督。

たしかに、塩焼きになると、鰻じたいの風味がよく聞きとれる。


ニラを鰻のひれで巻いた「ひれ」も鰻の串焼きの定番で、川勢だと細切りにしたハスをひれで巻いたものもある。

「ひれ」を初めて食べた伊藤憲ディレクターは「うまいですね」と驚いていたが、身よりも鰻の味が強く、ニラとよく合う。


「肝」も定番だが、苦袋の苦みが、肝焼きの身上だろう。


「うなくし」では、「短冊」をタレとわさび醤油で出すが、店によっては、「くりから」がわさび醤油、「短冊」がタレと塩になることも。


ほかには、ごぼうを鰻の身で巻いた「八幡焼き」や、小骨が多い頭の部分を叩いた「かしら」「えり」、肝から三日月型のレバーだけを取り出して串を打った「れば」を出す店もある。


鰻の串焼きで飲むときは、ビールで始めて、日本酒にかえるが、鎌倉近辺では、鰻の串焼きを出す店がないのが残念だ。
posted by 城戸朱理 at 10:25| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

ブラッスリー・アミカルで打ち合わせ

IMG_5328.JPGIMG_5322.JPGIMG_5331.JPGIMG_5325.JPGIMG_5318.JPG



盛岡から戻って、東京駅から立川へ。

ワシントンホテルにチェックインして、井上春生監督と落ち合い、ホテルから近いブラッスリー・アミカルで、翌日の「幻を見るひと」製作委員会の会議のための打ち合わせをした。

すでに井上監督が、映倫の審査と映画館上映のためのDCP(デジタル・シネマ・パッケージ)を終えているので、これからは宣伝・配給が急務となる。

そして、エグゼクティブプロデューサー、つまり製作総指揮の私の仕事も、公開を迎えたら終わりになるわけだから、実に喜ばしい。

もし、犬なら喜びのあまり尻尾を激しく振るところだが、尻尾はないので、ひそかに喜ぶだけにした。


まずは、スパークリングで乾杯し、井上監督が作ってきた見積もりを検討したのだが、長距離を移動したあとだけに、バンビことパンクな彼女も、私も頭が働かない。

困ったものである。


アミカルでは、新サンマのコンフィーの千両茄子のロースト添え、馬肉のカルパッチョ、フォアグラを頼んで、
さらに、この日のスペシャリテ、黒毛和牛のローストビーフとフォアグラのロッシーニ風サラダ、トリュフのヴィネグレットソースをもらった。

スペシャリテはA4、5等級の和牛ローストビーフを使った贅沢なサラダで、シンプルなヴィネグレットソースに半熟玉子を崩して和えると美味しい。


この日は井上監督もワシントンホテル泊まりだったので、打ち合わせと食事を終えて、早めに休んだ。
posted by 城戸朱理 at 08:41| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

機屋でオールドコーヒーを

IMG_5310.JPGIMG_5306.JPGIMG_5304.JPGIMG_5308.JPG



盛岡から南相馬に行って、柳美里さんの青春五月党の再結成の公演「静物画」を見に行きたかったのだが、
9月14日の午前中に映画「幻を見るひと」の製作委員会の会議が入ってしまったので、戻らなければならなくなってしまった。


ホテルをチェックアウトして、トランクを宅急便で送り出し、バンビことパンクな彼女と機屋にネルドリップのコーヒーを飲みに行くことにした。


いつもよりコーヒー豆の種類は少なかったが、バリ・アラビカ神山の1995年物というオールドコーヒーがあったのが嬉しい。

フローラルなアロマのまろやかな苦みの奥に甘さがある素晴らしいコーヒーである。


自宅用に600gを求め、盛岡駅に向かった。
posted by 城戸朱理 at 14:28| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

ヌッフ・ドュ・パプで、その2

IMG_5271.JPGIMG_5278.JPGIMG_5287.JPGIMG_5297.JPG



八幡平、岩本農園のモロッコインゲンのフリットは、いかにも豆という香りとさくさくした食感が楽しい。

さらに、茸のオムレツ、ポルト酒ソースを頼んだのだが、やはり若者がいないと名物の白金豚のローストまではたどり着かない。


バンビがパスタを食べたいと言うので、三陸産平蟹のトマトクリームソースのリングイネをもらったのだが、濃厚な旨みのソースで、バンビが喜んでいた。


メニューを見直してみたら、糖度の高いアートファームの滝沢スイカを使ったモヒートがあったので、バンビに頼んであげたところ、これが夏の味覚で正解だった。
posted by 城戸朱理 at 09:26| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヌッフ・ドュ・パプで、その1

IMG_5266.JPGIMG_5269.JPGIMG_5275.JPGIMG_5282.JPG




ゆっこ盛岡からホテルに戻ったのは、19時すぎ。

夕食は近場で済まそうということになり、ダイワロイネット・ホテルの目の前にあるヌッフ・ドュ・パプにいった。


風呂上がりだけに、地ビール・ベアレンがひときわ美味い。


まず頼んだのは、気仙沼産鰹の塩叩き。

塩で食べる鰹は、ビールによく合う。


そして陸前高田の広田湾産生牡蠣と牡蠣のエスカルゴバター焼きを。


「牡蠣だから、しゅんわりしなくっちゃ!」というバンビことパンクな彼女の提案で、シャンパン3種をグラスでもらって飲み比べてみた。

シャンパンはダニエル・デュモン、ムータルディエ、アンリオ。


アンリオのブリュット・スーヴェランが素晴らしかった。
posted by 城戸朱理 at 09:23| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食道園でカルビ&冷麺

IMG_5302.JPGIMG_5239.JPGIMG_5240.JPGEffect_20181006_093734.jpg



9月12日は、朝食抜きだったので、お昼は食道園に行くことにした。


食道園のカルビ&冷麺は、バンビことパンクな彼女の大好物である。


「盛岡の焼肉は、どうして、こんなに美味しいのかな?」


やや甘めのタレに漬け込んだカルビは、溶き玉子で食べる。

上カルビも頼んでみたことがあるのだが、食道園では普通のカルビでも脂が乗っているので、十分、満足できる。


食道園は盛岡冷麺の元祖だが、創業者が朝鮮半島で覚えた冷麺を再現したものなので平壌冷麺と呼ぶ。

牛骨で取ったスープは、あっさりしているのに味わい深く、元祖の名に恥じない。
posted by 城戸朱理 at 09:17| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

吉浜食堂に集合! その2

IMG_5226.JPGIMG_5237.JPGEffect_20181006_091045.jpgIMG_5231.JPGIMG_5233.JPG



宮古産のサンマを塩焼きにしてもらったのだが、全員、今年の初サンマ。

バンビと私だけだと、これ以上は頼めないが、若者がいるので心強い。


バゲットを添えたラタトゥイユ、紫波豚のステーキ、三谷牧場ジャージー牛のステーキを追加する。

ロースターでじっくり火入れされた紫波豚は噛みしめるほどに味わい深く、ジャージー牛も素晴らしかった。


最後に穴子蒲焼き丼をもらって取り分けたのだが、穴子の肉厚なこと!

穴子といえば淡白な印象があるが、食べ応えのある丼だった。
posted by 城戸朱理 at 11:19| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉浜食堂に集合! その1

IMG_5214.JPGIMG_5215.JPGIMG_5220.JPGIMG_5222.JPGIMG_5223.JPG



盛岡滞在となると、バンビことパンクな彼女のお目当ては、吉浜食堂。

大船渡は吉浜で漁師をされている松川寛幸・麻由夫妻のお店である。


9月11日は、日中に所用を終えることができたので、吉浜食堂に若者を呼んで集まることにした。

フェリスの卒業生でIBC岩手放送に就職した佐藤桃花さんと、バンビの友人の息子さんで岩手大学の学生さんが来てくれたので、総勢4人。

若者がふたりいるので、いつもより、あれこれ頼むことができる。


相変わらず、外から見ると、ブティックとしか思えないお洒落なたたずまいの店である。


まずは紫波産茶豆をもらって、地ビール、ベアレンで乾杯。

釜石産ムール貝が蒸し上がる前に若者ふたりが到着した。


お造りの盛り合わせは、塩竈産メバチマグロにタコ、そして鱈。

鱈のお刺身は珍しいが、加熱したときの独特な匂いがなく、いいものだ。


桃花さんの最近の仕事ぶりを聞いたり、学生生活を尋ねたりしながら、日本酒を酌んだ。
posted by 城戸朱理 at 11:06| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡のビストロ・ノアキ、その2

IMG_5199.JPGIMG_5204.JPGIMG_5184.JPGIMG_5207.JPGIMG_5210.JPG



主菜には、丹波産鹿もも肉のパイの包み焼きをもらった。

ふたつに切ると、ロゼ色の鹿肉に包まれたフォアグラがとろりと溶け出し、パイ生地からバターが香り立つ。


「共食いになっちゃうなあ!」とバンビは喜んでいたが、濃厚なソースがからみ、実に美味しかった。


自家製のパンも美味しかったが、バンビは、ソースもパンで綺麗にぬぐっている。


デセールは新栗のモンブラン。

さらに食後にはポルト酒を。


盛岡の常宿、グランドホテル・アネックスからも徒歩1分だし、帰省するたびに訪れたい店が、また一軒増えた。
posted by 城戸朱理 at 09:15| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡のビストロ・ノアキ、その1

IMG_5175.JPGIMG_5181.JPGIMG_5189.JPGIMG_5193.JPGIMG_5197.JPG



宮古から盛岡駅まで戻り、クルーを見送ってから、ダイワロイネットホテルへ。

私とバンビことパンクな彼女は、所用のため盛岡に延泊することにしていたのである。


部屋で小憩し、夕食をどうするか、バンビに聞いたら「宮古で海の幸はたくさんいただいたから、何か違うもの、フレンチかイタリアンはどうかな?」というので、ホテルから近いビストロ・ノアキに行ってみることにした。


フランスから輸入したという50年ほど前のパリのアパルトマンの扉を開けると、白を基調に木を使った落ち着いた内装で、雰囲気はとてもいい。


スペインのカヴァで乾杯し、メニューをじっくり読んで、注文を決めた。



前菜は茶豆のムースと帆立貝のタルタル、カクテル仕立て。

グラスの底の爽やかな風味の茶豆のムースを帆立のタルタル、コンソメジュレと混ぜながらいただく夏の逸品。


続いて、サンマのコンフィーとシャドークイーンのソテー。

低温でじっくり加熱したサンマと紫色のジャガイモ、シャドークイーンがよく合うし、トマトが清涼感を添える。


それから、ローヌ・アルプ地方の郷土料理、鶏レバーのムニエルを。

レバーの癖を消した見事なひと皿で、これには赤ワインしか考えられない。

シェフお勧めのフランスやルーマニアの赤を順番にもらった。


鶏レバーがあまりに美味しかったので、バンビは「これは、おかわり物件だよ!」と言い出したのだが、残念なことに私たちが頼んだひと皿で売り切れだった。
posted by 城戸朱理 at 09:06| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三陸のちらし寿司

IMG_5169.JPGIMG_5172.JPG



昼食は宮古駅前の蛇の目寿司本店を予約した。


全員、ちらし寿司がいいというので、蟹入りの特上にしようとしたら、みなさんが上ちらしでいいというので上ちらしを。

善助屋食堂でわかめラーメンを選んだので、まだ宮古のどんこを食べていないバンビことパンクなプロデューサーがどんこの空揚げを頼み、私は、東京ではお目にかからない筋子巻きも一人前だけ追加した。


久保田潤ディレクターと私だけ生ビールで乾杯する。


そして、ちらし寿司が出たところで、全員、絶句。

アワビ、うに、イクラを始めとして、抜群の鮮度の帆立、帆立のヒモ、ホヤ、さらにはマグロ、ブリ、タコ、甘海老、赤海老、蟹爪と海鮮が何重にも重なって盛られており、酢飯がなかなか出てこない。

これは、もう、ちらし寿司ではない。

頭の大盛りの海鮮丼とでも呼ぶべき代物である。


美味しくないはずがないが、つい日本酒を頼んでしまった。


筋子巻きも好評だったが、このクオリティでこの値段なら繁盛しているのも当然だろう。
posted by 城戸朱理 at 08:34| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

渚亭たろう庵の朝食

IMG_5131.JPGIMG_5129.JPGIMG_5134.JPG



渚亭たろう庵では、朝食からお刺身と鍋が付く。


お刺身は宮古産の鯛、そして、鍋は、田老産タコ、ワカメに水菜のしゃぶしゃぶだった。

アワビを食べて育ったタコは味がよく、湯通しした天然のワカメの歯応えも素晴らしい。


焼き魚は宮古産さわらで、初物のイクラが添えられている。

洋皿は、二戸佐助豚のベーコンとウィンナー、厚焼き玉子に地物の有機野菜。


ご飯は、岩手県江刺産ひとめぼれ、味噌汁は田老産ふのり、デザートは岩泉ヨーグルトと、徹底的に地産地消にこだわった美味しい朝食だった。
posted by 城戸朱理 at 14:40| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渚亭たろう庵の夕食、その2

IMG_5110.JPGIMG_5115.JPGEffect_20181004_171852.jpgEffect_20181004_171833.jpg



渚亭たろう庵では、夕食のときアワビか岩手産短角牛か、どちらかを選ぶようになっている。

お造りにアワビを入れてもらったので、本来なら短角牛はなしなのだが、バンビが松本社長にお願いしたところ、松本社長は、原価で提供してくれた。

それが〈岩泉短角牛のフィレステーキ、マディラ酒ソース〉である。

わが国の畜産は、サシが入りやすい黒毛和牛が主流だったが、近年の熟成肉ブームで脚光を浴びたのが、短角牛。

生産量が少ないため、きわめて高価だが、緻密な繊維で赤身の美味しさが堪能できる。


さらに和風の魚料理〈田老産ブリ大根〉は、出汁がしみた大根と加熱が見事なブリの対比が素晴らしかった。


食事は、田老産ウニの炊き込みご飯と田老産ウニの白玉とめかぶのお椀で終わり、デザートの盛り合わせが出た。


ロケ飯とは思えない夕食にクルーも満足していたが、これもバンビことパンクなプロデューサーの力技である。
posted by 城戸朱理 at 14:38| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渚亭たろう庵の夕食、その1

IMG_5101.JPGEffect_20181004_171931.jpgEffect_20181004_171948.jpgEffect_20181004_171914.jpg



渚亭たろう庵の食事は、三陸の海の幸など地元産の食材を使った和洋折衷の創作料理。



まずは、食前酒に自家製ハマナスのリキュール。

前菜は〈宮古産魚介の田老産昆布ソース〉で、しうり貝(ムール貝)、タコ、氷頭(鮭の頭の軟骨)、マンボウの腸、田老産まつもと地元でなければ味わえない珍味が並ぶ。


続いて洋風の魚料理が〈田老産鮭のブイヤベース〉で、魚のアラとすりつぶした平蟹で取ったというスープは、なんとも滋味深い。

松本社長が日本酒を何本も出してくれたので、飲み放題である。


〈宮古産魚介盛り〉のお造りは、贅沢にも平目、シマアジ、帆立、ホヤにアワビで、驚くような鮮度だった。
posted by 城戸朱理 at 14:31| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮古名物、どんこ揚げ定食

IMG_5087.JPG



田老ロケのためにタクシーの手配をしているとき、三社タクシーの松原安子社長から
「宮古で最高に美味しいのは、どんこ、サンマ、ムラサキウニ。ぜひ食べていって」と教えられ、バンビことパンクなプロデューサーが昼食に予約したのが、善助屋食堂だった。


津波被害を受け、再建された善助屋食堂の名物は、どんこ揚げ定食とわかめラーメン。

各自、好きなものを選んだのだが、私はどんこ揚げ定食にしてみた。

どんこは白身の魚だが、甘辛い衣で、半熟玉子を崩しながらいただく。

わかめラーメンも好評だった。
posted by 城戸朱理 at 13:36| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

昼食は、ぴょんぴょん舎で

IMG_5054.JPGIMG_5055.JPGIMG_5061.JPG



午前中の撮影を終え、昼食は盛岡駅前のぴょんぴょん舎で盛岡冷麺。

プロデューサーのバンビことパンクな彼女は、食事だけはきちんと時間を取って、クルーのみなさんに、その土地の名物を食べてもろおうというコンセプトなのである。


牛と豚のカルビの盛り合わせを焼き、チヂミをもらって、盛岡冷麺。


昼食のあとはジャンボタクシーで宮古に移動するだけだから、クルーにビールをすすめたら、高野さんは、なんとチョコレートパフェのほうがいいと言うではないか。

見た目と違って、実は甘党らしい。
posted by 城戸朱理 at 18:01| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三寿司でひと休み

IMG_5029.JPGIMG_5032.JPGIMG_5034.JPGIMG_5037.JPGIMG_5038.JPG



番組の導入となる盛岡の実景撮影を終え、ダイワ・ロイネットホテルへ。


出演者とクルーの顔合わせとなる夕食までは時間があったので、私は書店を覗きに出かけた。


喉が渇いて仕方がないので、三寿司でビールを飲むことにする。

納豆巻きを考案したという三寿司は、前回、初めて訪れ、コストパフォーマンスの高さに驚いた店だが、お好みでつまんでも安い。


生ビールをおかわりしながら、北寄貝、ぼたん海老、小肌、北寄貝の貝柱を握ってもらう。

中トロ、赤貝にウニといくらをもらって、日本酒にかえ、巻物は納豆巻き。


貝は活貝だし、ネタはいい。それでも握りの値段は2000円を超えるほどではないだろうか。


夕食は、バンビことパンクなプロデューサーが、大通りの「やみつきホルモン利久」を予約していたので焼肉だったのだが、私は焼く係に専念し、飲むだけにした。
posted by 城戸朱理 at 17:31| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

崎陽軒のシウマイ弁当

IMG_4336.JPGIMG_4337.JPG



首都圏で暮らしていると、あって当たり前と思ってしまうのが崎陽軒のシウマイだ。

鎌倉だと駅前の東急ストアに崎陽軒の売場がある。

そして、崎陽軒のシウマイ弁当といえば、1日に2万3千食と、日本でいちばん売れている駅弁である。

だが、崎陽軒のシウマイのファンが意外に多いのは、最近になってようやく気がついた。

中沢けいさんも好物だとツイートしていたし、吉増剛造さんも横浜駅では必ずシウマイ弁当を買うとおっしゃっていたから、身近なところにも崎陽軒ファンがいるし、
何より驚いたのは、京都の勤務になって、崎陽軒のシウマイが手に入らないものだから、東京に出張するときは必ず崎陽軒のシウマイを買って帰るという人にも出会ったことである。

そう、崎陽軒のシウマイは関西では売っていないのだ。

当たり前である。

崎陽軒のシウマイは横浜名物。

売場が多いのは、神奈川県と東京都で、ほかには千葉県と埼玉県にしか出店していない。

気づいてみたら、どこにでもあるわけではなかったのである。



今年は崎陽軒創業110周年、シウマイ誕生90周年。

それを記念して「味くらべシウマイ弁当」が発売された。

昔ながらのシウマイ、特製シウマイ、えびシウマイ、かにシウマイ、それにシウマイまんと、崎陽軒のシウマイ五種が勢揃い、それ以外のおかずはシウマイ弁当と同じだが、御赤飯がお祝い気分を高める。

昨年は、唐揚げを増量した「忍法唐揚げの術シウマイ弁当」や筍煮を増量した「ドリーミング筍シウマイ弁当」が2日間限定で発売されたが、崎陽軒の期間限定シウマイ弁当は、すでにあるものの比率を変えただけなのに、なぜかそそるものがある。


そして、何よりも「味くらべシウマイ弁当」が特別なのは、陶器の醤油入れ「ひょうちゃん」が入っていることだろう。


「ひょうちゃん」にはコレクターがいて、骨董市で1000円くらいで売られていることがある。

しかし、崎陽軒の「昔ながらのシウマイ」15個入りは税込みで620円だから、1240円出して2パック買えば、「ひょうちゃん」2個にシウマイ30個が付いてくるわけだから、骨董市で買う必要はない。

ちなみに「ひょうちゃん」は新聞連載漫画「フクちゃん」で知られる漫画家、横山隆一さんの絵で始まった。

横山さんは鎌倉にお住まいだったから、鎌倉で暮らす人間は「ひょうちゃん」にも親しみを感じるところがある。

ちなみに鎌倉市役所前の横山隆一邸は、今ではスターバックスになっているが、横山さんの生前は小林秀雄ら鎌倉文士がよく集って宴会をしていたそうだ。

ひょうちゃんは、1996年に蓋がコルクからプラスチックに変わったので、コルクの蓋のひょうちゃんがあったら貴重である。(ホントか?)


というわけで、ひょうちゃんは捨てずに取ってあるのだが、「んふ! 貰ってもいらないよ!」とバンビことパンクな彼女には不評である。
posted by 城戸朱理 at 18:48| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

三田のコート・ドールで、その2

IMG_4965.JPGIMG_4968.JPGIMG_4970.JPGIMG_4972.JPGIMG_4974.JPG



魚料理は対馬産の甘鯛のムニエル、ポロ葱とポテトのスープ。

かりっと焼かれた皮と、甘く崩れる身の対比が絶妙な甘鯛は、あまりの美味しさにワインを飲むのを忘れるほどだった。

ポロ葱とポテトのスープも柔らかな旨みが沁みるようで、甘鯛にこよなく合う。

本当に美味しい料理は、驚きのあまり黙り込んだり、笑い出してしまうことがあるが、私は笑ってしまった。


ブルゴーニュの赤ワインをグラスでもらって肉料理に備える。

国産牛しっぽの煮込み赤ワインソースも、斉須シェフの得意料理。

添えられているのは、なんと人参のムースで、コリアンダーが香り、人参がこんなに美味しくなるのかという驚きがある。

4時間煮込んだという牛テールの煮込みは、これまた足し算も引き算もしない旨みとしか言いようがない。



バンビことパンクな彼女は、初めてのコート・ドールだけに、旧友が気をつかって、
赤ピーマンのムース、梅干しと紫蘇の冷製スープ、季節の野菜のエチュベ、和牛テールの煮込み赤ワインソースと、
斉須シェフのスペシャリテのコースにしてくれたのだが、今になると何ひとつ変えることができないクラシックな斉須流フレンチを味わった気分になった。

新奇さはないが、どの料理も間違いなく美味しい。

友人は、思い出すとまた食べたくなる、他にない料理と言っていたが、まったく同感である。


デセールは、私が白ワインのムース、友人が酸果桜桃のアイスクリームケーキ、そしてバンビが柑橘茶に泳ぐ白桃。

食後には、ダブルエスプレッソをもらった。
posted by 城戸朱理 at 11:24| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする