サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2018年10月05日

渚亭たろう庵の夕食、その1

IMG_5101.JPGEffect_20181004_171931.jpgEffect_20181004_171948.jpgEffect_20181004_171914.jpg



渚亭たろう庵の食事は、三陸の海の幸など地元産の食材を使った和洋折衷の創作料理。



まずは、食前酒に自家製ハマナスのリキュール。

前菜は〈宮古産魚介の田老産昆布ソース〉で、しうり貝(ムール貝)、タコ、氷頭(鮭の頭の軟骨)、マンボウの腸、田老産まつもと地元でなければ味わえない珍味が並ぶ。


続いて洋風の魚料理が〈田老産鮭のブイヤベース〉で、魚のアラとすりつぶした平蟹で取ったというスープは、なんとも滋味深い。

松本社長が日本酒を何本も出してくれたので、飲み放題である。


〈宮古産魚介盛り〉のお造りは、贅沢にも平目、シマアジ、帆立、ホヤにアワビで、驚くような鮮度だった。
posted by 城戸朱理 at 14:31| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渚亭たろう庵で

IMG_5091.JPGIMG_5092.JPGIMG_5095.JPGIMG_5099.JPGIMG_5098.JPG



たろう観光ホテルで津波の映像を撮影した松本勇毅社長は、新たに渚亭たろう庵をオープンした。

全13室、全室に露天風呂を完備し、三陸の絶景を望むことができる旅館である。

部屋は清潔で広く、ジャグジーまで備えられている。


午後は、この渚亭たろう庵で、松本社長と工藤玲音さん、武田穂佳さんの会話を撮影し、最後に工藤さん、武田さん、ひとりずつに震災への想いや創作との関わりを語ってもらって、この日の撮影は終了した。


盛岡に帰る工藤さん、武田さんを宮古駅まで送り、渚亭たろう庵に戻る。

なんと、この日の宿は渚亭たろう庵。

一泊3万以上する高級旅館だが、バンビことパンクなプロデューサーが松本社長とやり取りしているうちに
「ぜひ、うちに泊まって、美味しいものを食べていって」と言われて、泊めてもらうことになったのである!
posted by 城戸朱理 at 14:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮古名物、どんこ揚げ定食

IMG_5087.JPG



田老ロケのためにタクシーの手配をしているとき、三社タクシーの松原安子社長から
「宮古で最高に美味しいのは、どんこ、サンマ、ムラサキウニ。ぜひ食べていって」と教えられ、バンビことパンクなプロデューサーが昼食に予約したのが、善助屋食堂だった。


津波被害を受け、再建された善助屋食堂の名物は、どんこ揚げ定食とわかめラーメン。

各自、好きなものを選んだのだが、私はどんこ揚げ定食にしてみた。

どんこは白身の魚だが、甘辛い衣で、半熟玉子を崩しながらいただく。

わかめラーメンも好評だった。
posted by 城戸朱理 at 13:36| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮古、田老地区

IMG_5144.JPGIMG_5075.JPGIMG_5077.JPGIMG_5080.JPGIMG_5084.JPG



田老地区のシンボル、三王岩。

高さ約50m、石柱状の男岩に女岩と太鼓岩が寄り添う。

リアス式海岸の三陸ならではの奇景である。



田老町は2005年に宮古市と合併したが、「津波太郎」の異名を取るほど、津波被害を被ってきた。


古くは、慶長三陸津波(1611)で村が全滅したという記録が残るが、明治三陸津波(1869)でも、住宅が一軒残らず流され、住民の83%が死亡するという壊滅的な被害を受けた。

さらに昭和三陸津波(1933)でも甚大な被害を被ったため、防災の意識が高く、高台への避難路が整備され、年に一度の避難訓練を欠かすことはなかったという。


それだけではない、田老には「万里の長城」と呼ばれる防潮堤があった。

町を囲む全長2.6km、高さ10m、世界最強の防潮堤も、東日本大震災の津波を食い止めることは出来なかったのである。


宮古観光文化交流協会では、津波の恐ろしさを若い世代に伝えていくため「学ぶ防災」ガイドツアーを実施している。

9月9日は、工藤玲音さん、武田穂佳さんのふたりに「学ぶ防災」ガイドツアーに参加してもらって、その様子を撮影した。


ガイドの元田久美子さんの説明を聞きながら、防潮堤、さらには明治・昭和・平成津波の高さが記された田老漁協の製氷貯氷施設へ。

田老では新たな防潮堤が建設されており、本来ならば今年、完成する予定だったが、3年遅れることになったという。

東京オリンピック、ラグビー・ワールドカップと建設ラッシュが続くことになっただけではなく、熊本地震、西日本豪雨災害、台風被害、そして北海道大地震と、東日本大震災の被災地が復興する前に、被災地が増え続けているという元田さんの言葉が印象に残った。



「学ぶ防災」ガイドツアーの最後は、津波遺構「たろう観光ホテル」。

2階までは鉄骨だけを残して津波にさらわれ、4階まで浸水したが、その6階で、たろう観光ホテルの松本勇毅社長が撮影した、津波が防潮堤を越え、一瞬のうちに町を流し去る映像を見ることができる。


2011年3月11日、田老では巨大地震のあと、「津波は3m超」というアナウンスのあと、停電で情報が途絶した。

田老には世界中から防災学習のため、防潮堤を見学にくる人がいるので、松本社長は従業員を避難させ、ひとりホテルに残って、津波の映像を残そうとしたのだという。

しかし、津波は10mの防潮堤を越え、たろう観光ホテルの壁も突き破った。


津波の映像を見た工藤さん、武田さんも言葉を失っていた。
posted by 城戸朱理 at 13:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

宮古、浄土が浜へ

IMG_5065.JPGIMG_5064.JPGIMG_5066.JPGIMG_5068.JPGIMG_5072.JPG



盛岡からタクシーで、約2時間半。

浄土が浜パークホテルに到着した。

チェックインを済まし、部屋に荷物を置いて、夕暮れ前に浄土が浜に降りる。


ここではインタビューなどは撮らず、工藤玲音さんと武田穂佳さんが、海辺で思い思いに波と戯れるイメージカットを撮影した。


浄土が浜パークホテルは、三陸きっての高級ホテル。

夕食はバイキングなのだが、職人が目の前で寿司を握ってくれたり、穴子の天ぷらを揚げたり、白金豚のソテーを焼いてくれる。

佐助豚や茸野菜を好みで取る陶板焼きや、ウニの茶碗蒸し、岩手短角牛のビーフシチュー、うに飯、多彩なデザートなど、和洋のメニューを取り揃え、実に楽しい。
posted by 城戸朱理 at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

昼食は、ぴょんぴょん舎で

IMG_5054.JPGIMG_5055.JPGIMG_5061.JPG



午前中の撮影を終え、昼食は盛岡駅前のぴょんぴょん舎で盛岡冷麺。

プロデューサーのバンビことパンクな彼女は、食事だけはきちんと時間を取って、クルーのみなさんに、その土地の名物を食べてもろおうというコンセプトなのである。


牛と豚のカルビの盛り合わせを焼き、チヂミをもらって、盛岡冷麺。


昼食のあとはジャンボタクシーで宮古に移動するだけだから、クルーにビールをすすめたら、高野さんは、なんとチョコレートパフェのほうがいいと言うではないか。

見た目と違って、実は甘党らしい。
posted by 城戸朱理 at 18:01| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫茶ふかくさで

IMG_5041.JPGIMG_5042.JPGIMG_5045.JPGIMG_5048.JPGIMG_5052.JPG



9月8日は、9時すぎから撮影が始まった。

今回、出演してもらうのは、若い歌人がふたり、工藤玲音さんと武田穂佳さん。

ふたりとも短歌甲子園で優勝した経験を持ち、武田穂佳さんは大学一年で、寺山修司の最年少記録を更新して、短歌研究新人賞を受賞。

工藤玲音さんは、短歌のみならず、エッセイにも健筆を振るい、『わたしを空腹にしないほうがいい』が文庫化されたばかりである。


撮影は、中津川ぞいの喫茶ふかくさで。

工藤さん、武田さんに、なぜ短歌を書き始めたのか、東日本大震災のとき何をしていたのかを語ってもらった。


撮影の合間に、ふたりはカタツムリの赤ちゃんを見つけて夢中で写真を撮っていたが、そこまでちゃんとカメラに収めた高野大樹さんは見事だった。
posted by 城戸朱理 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三寿司でひと休み

IMG_5029.JPGIMG_5032.JPGIMG_5034.JPGIMG_5037.JPGIMG_5038.JPG



番組の導入となる盛岡の実景撮影を終え、ダイワ・ロイネットホテルへ。


出演者とクルーの顔合わせとなる夕食までは時間があったので、私は書店を覗きに出かけた。


喉が渇いて仕方がないので、三寿司でビールを飲むことにする。

納豆巻きを考案したという三寿司は、前回、初めて訪れ、コストパフォーマンスの高さに驚いた店だが、お好みでつまんでも安い。


生ビールをおかわりしながら、北寄貝、ぼたん海老、小肌、北寄貝の貝柱を握ってもらう。

中トロ、赤貝にウニといくらをもらって、日本酒にかえ、巻物は納豆巻き。


貝は活貝だし、ネタはいい。それでも握りの値段は2000円を超えるほどではないだろうか。


夕食は、バンビことパンクなプロデューサーが、大通りの「やみつきホルモン利久」を予約していたので焼肉だったのだが、私は焼く係に専念し、飲むだけにした。
posted by 城戸朱理 at 17:31| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡での撮影

IMG_5009.JPGIMG_5013.JPGIMG_5012.JPGIMG_5014.JPGIMG_5018.JPG



盛岡に到着したのは、13時33分。

そのまま、駅舎や駅前の石川啄木の歌碑、さらに開運橋から北上川を撮影した。

晴れていれば、開運橋から岩手山が望めるのだが、残念なことに厚い雲がかかっている。


今回のカメラは高野大樹さん、VEが戸田裕士さん。

ベテランだけに仕事が早い。


宮沢賢治が学生時代の下宿で使っていた井戸水を引いた賢治清水、賢治の詩碑、そして盛岡城跡とロケは続き、
最後に中津川ぞいにあるいて上の橋の慶長年間に銘がある擬宝珠を撮影した。


盛岡市役所の裏を流れる中津川には、じきに鮭が産卵のため遡上してくる。
posted by 城戸朱理 at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロケに出発

IMG_4998.JPGIMG_5002.JPGIMG_5004.JPG



9月7日、震度7という北海道大震災の衝撃を抱えたまま、新番組「故郷を生きる」のロケに立ち会うため、盛岡に旅立った。

バンビことパンクな彼女とお弁当を調達して、東京駅でクルーと落ち合う。


今回のディレクターは、長年、CMディレクターをつとめてきた久保田潤さん。

平泉を過ぎて、盛岡に近づくと、稲穂が広がっていく。


「昔、盛岡近郊の牧場で
沢口靖子さんのCMを撮影したことがありました」と久保田さん。


今回はCMではなく、ドキュメンタリーだが、バンビが作ったロケ・スケジュールは完璧だし、うまく行くことだろう。
posted by 城戸朱理 at 17:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする