サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2017年03月11日

6年前の今日から



東日本大震災から6年がたった。

午後2時46分。

鎌倉も激しい揺れに襲われ、とりあえず家から出たが、あのときは、いつかは来ると言われていた首都圏直下型地震か、東海地震が、ついに来たのかと思った。

揺れは収まらず、激しさを増していく。

立っていることさえ不安で、中腰になりながら、自宅の倒壊も覚悟したが、その前に、地震はおさまった。

体感では、異様に長く感じたが、実際は数分だったのだろう。

鎌倉は停電し、情報はいっさいない。

震源がどこかさえ、しばらく分からなかった。


ツイッターだけが生きていたので、阪神淡路大震災を経験した方の「水が出る人は、お風呂に水をため、御飯が炊ける人は御飯を炊いて下さい」というツイートに従って、まず、お風呂に水をためた。

寸胴やケトルにも水を満たし、停電しているので、ガスで御飯を炊いた。

鎌倉はプロパンガスなので、まだガスが使えたが、都市ガスなら、御飯も炊けなかったかも知れない。


余震が続くなか、日が暮れるとともに暗闇がやって来る。

日没前に身体が暖まるように、チゲ鍋を作り、家内と早めに食事をした。


停電しているので、暖房も機能しない。

暗闇のなか、布団にくるまって、ラジオやツイッターで情報を集めていたら、午後10時ごろ、突然、電気がついた。

そして、テレビをつけたところ、信じられないような津波の映像を目にした。


東日本大震災の衝撃は、むしろ、それからが本番だったような気がする。


両親や親戚や友人の安否も分からない。

大地が揺れるように、心も揺れ続けているようだった。

それから、余震のたびに避難用のバックパックを抱えて、飛び出る生活が、しばらく続いた。


さらに福島第一原発の事故の報道が追い討ちをかける。


大震災の翌々日には、スーパーの棚から食料品が消えていた。


それから、6年がたった。

しかし、東日本大震災は、被災された方々にとって、いまだに進行中なのだと思う。

そして、日本列島で暮らすかぎり、巨大地震は、どこでも起こりうる。

東日本大震災の姿は、明日のわが身にほかならないことを知れば、生きることの意味も変わる。

そして、死者を想うことが、生者の仕事にほかならないことも。


東日本大震災以来、父と母、母方の伯父たちや父方の伯母、そして友人を見送り、黙祷する日が増えた。

こうして、死者に満たされていくのが、生きているということなのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 08:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

東日本大震災復興支援写真展「空でつながる」、今日から!

IMG_56800002.jpg



わが国の音楽写真の第一人者、管野秀夫さんが主宰する東日本大震災復興支援の写真展「空でつながる」が、今年も、東京と大阪のオリンパス・ギャラリーで開催される。


参加アーティストは、TERU(GLAY)、坂崎幸之助(THE ALFEE)、浅倉大介、森友嵐士、大黒摩季さんら、管野先生と縁のあるミュージシャンから、
マイルス・ディビスの写真で名高い内藤忠行、ハービー山口、小野田桂子といった写真家、
詩人の和合亮一さんを始めとして、福島在住の方々といった多彩な顔ぶれ。


参加者が、撮影した空の写真が、ギャラリーを天空に変えることだろう。


詳細は下記の通り。


【オリンパス・ギャラリー東京】

3月10日(金)〜15日(水)

11:00〜19:00(最終日、15:00まで)


【オリンパス・ギャラリー大阪】

10:00〜18:00(最終日、15:00まで) 日・祝定定休



どこまでも続く空を見上げることで、同じ空の下にある被災地に想いを運ぶというこの企画は、管野先生が、大震災で姿を変えた故郷、福島に大きなショックを受けたところから始まった。


去年は、管野先生とTERUさんが、この展覧会のために、ふたりで福島に写真を撮りに出かけたが、今年は、どんな空模様が織りなされるのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 08:30| イベント告知など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

インディペンデント映画



久しぶりにジム・ジュームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」(1984)を見た。

これといって何も起こらないのだが、コミカルでありながら空虚さを抱えた若者たちの群像は、今見ても素晴らしい。

20代のとき、初めて見たときの興奮が甦るかのようだった。


この作品は、ヴィム・ヴェンダースがハリウッド進出に失敗し、余った1時間分ほどの35mmフィルムをジャームッシュにプレゼントしたところから始まった。

ヴェンダースとしては、15分ほどの短編が撮れると思ったらしいが、ジャームッシュは入念なリハーサルを重ねてフィルムの無駄を廃し、第一作目となる長編を作り上げた。
(この前に「パーマネント・バケーション」が撮られているが、これは卒業制作である)


そして、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」は、ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)、カンヌ国際映画祭でカメラ・ドール(新人監督賞)、さらに全米映画批評家協会賞卯を受賞し、世界のシネアストの注目を集めることになる。


ジャームッシュは、今年のカンヌにも「パターソン」を出品しているが、「ブロークン・フラワーズ」(2005)で、カンヌの審査員特別グランプリを受賞しているので、残すは、最高賞のパルム・ドールのみとなる。


そんなことはともかく、ジャームッシュの凄さは、アメリカに生まれながら、ハリウッドとは無縁のインディペンデント映画を撮り続けているところだろう。

映画制作には、とにかくお金がかかる。

これといったスターが出演しない一般的なハリウッド映画でも、平均予算は20億円を超えると聞いたことがあるが、ジャームッシュは予算に縛られず、映画を作る道を見いだしたことになるわけで、これは創作の自由を保証するものとなるだろう。


インディペンデント映画の先駆と言えば、ジョン・カサヴェテスだが、カサヴェテスのことを考えると、私はいつも愉快な気分になる。

監督第一作は、「フェイシズ」(1968)。

なんと、自宅を抵当に入れて資金を作り、その自宅で撮影したという無茶ぶりが素晴らしい。


「フェイシズ」は大いに話題を呼び、インディペンデント映画というジャンルの確立に寄与したが、その後、カサヴェテスは、「グロリア」(1980)で、ベネツィア国際映画祭の金獅子賞、「ラヴ・ストリームス」(1984)で、ベルリン国際映画祭の金熊賞、国際批評家連盟賞を受賞している。

こう書くと華々しい経歴のようだが、彼は、妻のジーナ・ローランズとともに、ハリウッドの俳優業で得たギャラを映画制作に投じており、映画制作の資金作りのために俳優をしていたふしさえある。

ふつう、カサヴェテスやジーナ・ローランズほどの役者なら、ハリウッドのスターになったところで満足しそうなものだが、そうでなかったところが、痛快である。

誰かに頼まれたのではなく、自分が撮りたいものを作ろうとしたら、世界的な巨匠になるまで待つか、インディペンデントしかない。


映像のデジタル化によって、映画制作は敷居が低くなった。

今や、あの「シン・ゴジラ」もそうだったように、iPhoneでも映画が撮れる時代なのだ。

そのせいもあって、インディペンデントの制作本数は増えている。

だからと言って、カサヴェベテスやジャームッシュのような才能が、次々に現れてくるわけではないにしろ、新しい力の胎動を感じるようにはなったのも事実である。


詩もまた、あらかたがインディペンデントなわけだから、手にした自由を振り切るほどの詩を書くことを目指すしかない。
posted by 城戸朱理 at 10:40| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

「はまちと一緒」の季節???



今年も確定申告の時期がやって来てしまった。

私のように文筆業の人間は、必要経費を計上し、控除額を出さなければ確定申告ができない。

つまり、支払い時に天引きされている所得税から、還付金が戻ってくるのだが、事務的なことは苦手だから、毎年、憂鬱になってしまう。


国税庁のHPだと、文筆業の原稿料や音楽家の作曲料は、はまちの養殖や若布の養殖と同じ扱いだから、わが家では確定申告を「はまちと一緒」と呼んでいる。


ともあれ、領収書の束を、資料代、交通費、通信費などに分類し、ひたすら電卓を叩いて、経費の計算をしていたのだが、丸一日かかってしまった。

最後は頭痛に悩まされ、いざ終わったら、放心するほど疲れたが、同時に、3・11を前にすると、こんな苦手なことさえありがたく思えてくるのも事実だ。

東日本大震災で、突然、日常を奪われた方々のことを思うと、雑事に悩まされようが、日々を生きていることだけでも、奇跡のようなことではないだろうか。
posted by 城戸朱理 at 19:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

酒を飲まないと

111008_0822~01.jpg

晩酌は長いこと、私の習慣だが、やらなければならないことが山積していたので、数日だけ酒を飲まずに過ごしたところ、実に面白い発見があった。

何が面白かったのかというと、夕食の献立である。

たとえば、湯豆腐。

寒い季節、湯豆腐で呑み始め、お造りや焼き物が出てくるのを待つのはいいものだが、呑まないとなると、湯豆腐は、御飯の菜には淡白すぎて物足りない。

これが旅館に泊まって、朝食に湯豆腐が添えてあったりすると豊かな気持ちになるものだが、どうも夕食には向かないようだ。

そういえば、お造りも、酒と飯、どちらにも合うものは少ない。

マグロや鯛なら、酒の当てにもなるし、御飯にも合うのは言うまでもないが、たとえば、烏賊なら、どうだろうか。

旬の烏賊の、甘さとみずみずしさは酒を呼ぶが、これが飯の菜となると、やはり物足りないような気がする。

そして、逆にカレーやオムライスといった、いかにも家庭的な料理だと、酒は飲めない。


世の中には、酒は飲めないが、珍味に類する酒肴が好きだという人も稀にいるから、いちがいには言えないが、酒徒と下戸では、献立がまったく違うものになるというのが現実だろう。


酒徒の立場から言うと、懐石料理は酒なしには考えられないし、吉田建一ではないが、フランス料理やイタリア料理は、ワインのためにある。


ちなみに和食だと、武家の正式な料理は、お膳が並ぶ本膳料理、一方、禅宗で精進料理が生まれ、その流れを汲んで、茶の湯の懐石料理が始まった。

江戸時代には、俳諧や和歌の会の酒席のために、本膳料理を簡略化した会席料理が生まれ、一方で、仕入れた食材と客の要望に合わせて調理をする即席料理も発達する。

今日の割烹料理は、即席料理の流れを汲むところがあるのだろう。

八寸や先付けから始まって、お椀、お造り、焼き物と続く、現代の正式な和食は、北大路魯山人と吉兆の創業者、湯木貞一によって大成されたものと言われているが、懐石の作法で本膳料理の品数を出すものと言えなくもない。

そして、茶懐石でさえ酒ありきなのだから、和食においても、料理じたいが酒と測り合っているようなものである。


ところが、呑まずに食事するだけだと、実に簡単に済むのは驚くばかりで、30分もあれば食事が終わってしまう。

澁澤龍子さんは、せっかく2時間、3時間をかけて料理をしても、食べるだけだと30分で終わってしまうので、ワインを飲みながらゆっくり食事を楽しむとおっしゃっていたが、うなずける話だ。


飲まないと、その分だけ、時間は出来る。

おかげて、やらなければならないことははかどったが、それは、それであわただしい。

「人生は退屈の味を知ってから始まる」とかたったのは吉田健一である。

そして、退屈する間もないほど日々の仕事と雑事に追われている私のような人間は、酒を前にして、ようやく退屈の入り口に立つことができるようだ。
posted by 城戸朱理 at 12:04| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

ヴィジュアル・ポエトリー、飛来す

IMG_5679.jpg



北園克衛が率いた「VOU」後期を、そして、わが国のヴィジュアル・ポエトリーを代表する存在である高橋昭八郎さんを、唐津にお訪ねして、私が、さまざまなことをお聞きしたカセット・テープがある。

バンビことパンクな彼女が、このテープをダビングして、高橋昭八郎さんの親友であり、やはり、日本を代表する視覚詩人、伊藤元之さんにお送りするとともに、テープ起こしを始めた。


伊藤元之さんも、VOUのメンバーだったが、あえて誰も来ない山奥での個展を企画したり、北上川の流れのなかに作品を展示することを考えたり、今なお、揺るぎない前衛の姿勢を貫かれている。


高橋昭八郎さんと伊藤元之さんは、つねにお互いが刺激し合うような関係だったのだろう。


その伊藤元之さんから、お葉書をいただいた。

一瞬、絵葉書かと思ったのだが、そこには互いを打ち消し、あるいは互いに溶け合うように「word」と「world」が印刷されている。

これは、伊藤元之さんのヴィジュアル・ポエトリーか!?


わずか「l」の一語の違いが生む、この意味の広がり。

世界を言葉で象り、言葉によって生成する世界に、世界と拮抗する言葉を探す。


この贈り物に脳髄が痺れたが、詩とは、これほどまでに無償のものであり、賭けにほかならないことを、たった一枚の紙片が語っているかのようだ。
posted by 城戸朱理 at 10:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

久保田潤個展打ち上げは、ビストロ・オランジェで

IMG_5661.jpgIMG_5663.jpgIMG_5664.jpgIMG_5668.jpg



久保田潤さんの個展初日には、北海道から駆けつけてくれた友人もいた。

打ち上げには、10人が参加することになったのだが、鎌倉には、この人数が入れる店は、ほとんどない。

バンビことパンクな彼女が電話したところ、ビストロ・オランジェに席が空いていたので、江ノ電で鎌倉駅に戻った。


まずは、ビールで乾杯し、結局、アラカルトで頼むことに。

注文を任されたので、メニューを読み、スパークリングワインのボトルを3本頼んでから、まずはシャルキュトリーを。

チーズと並んで、ワインには欠かせないシャルキュトリーは、食肉加工品の総称で、自家製のハムや生ハム、フォアグラ入りのパテ・ド・カンパーニュ、鶏レバーのムースが盛り合わせになっている。


サラダは、リヨン風を頼んだのだが、上に乗っているのは、赤ワインで煮たポーチドエッグ。

「これは何だろう?」と騒ぎになったか、割ってみたら、紛れもなく、玉子だった(笑)。

リ・ド・ヴォーのポワレは、フランス産トランペット茸入りのクリーム仕立てで、美味しかった。

ここで赤ワインのボトル3本を追加。


食事は、羊肉と野菜のクスクスを。


最小のパスタ、クスクスに、ストゥブの小鍋で供される羊肉と野菜とスープをかけ、ハリッサ(唐辛子ベースのペースト)を添えて食べるのだが、こればかりは、やはり羊の風味が合う。

羊肉も柔らかく、みんなに好評だった。


ビールで乾杯してから、ワインがボトル6本。

会計をお願いしてみたら、ひとり4060円。

ひとり4000円ていどという私のミッションは成功したが、この店でなければ無理だろうな。
posted by 城戸朱理 at 08:12| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

久保田潤個展「海や雲」へ

IMG_5650.jpgIMG_5653.jpgIMG_5652.jpgIMG_5654.jpg



鎌倉では古民家を改装したカフェやレストランが増えたが、江ノ電、稲村ヶ崎駅に近い骨董屋Rも、古民家をうまく使った店。

R No2は、線路ぞいにあるが、奥行きのない不思議な建物で、大工さんの作業場として作られたものなのだとか。


久保田潤さんの個展「海や雲」は、このR No2の二階で、3月1日から12日まで開催されている。

梯子のような階段を昇ると、そこは屋根裏部屋のようなスペース。

天井が低く、私などは立ち上がれないほどだが、低い椅子が何脚か置かれていて、ゆっくり鑑賞することができた。


ところどころが剥げた白いペンキの壁面に、久保田さんの水彩画はよく似合う。

作品は、タイトル通り、海と雲を描いたもので、稲村ヶ崎や江之島など、鎌倉の住人なら、すぐにそれと知れる景色もあった。


時が止まったような静かな空間に並ぶ静かな絵。

この感覚は、ギャラリーでは得られないものだろう。


旧友のライター、丸山あかねさんが、すでに到着しており、なんと3点を大人買いしていた。

私がいちばん気に入った作品も、丸山さんが選んでしまったので、私は見るだけ。


昨年は、原宿の表参道画廊で個展をしたので、久保田さんの鎌倉での個展は2年ぶりになる。

一昨年のドゥローイングギャラリーでの個展は、油彩だったが、R No2の空間には、やはり水彩画だろう。


稲村ヶ崎は、かつて田村隆一が暮らしたところだが、小町のあたりとは違って、時間までゆるやかに流れているようだった。
posted by 城戸朱理 at 10:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節と酒器

IMG_2417.jpgIMG_2414.jpgIMG_15600001.jpgIMG_1556.jpg



先に織部梅文六角盃のことを書いたが、梅が咲くころに使う盃が、ほかにもある。

李朝染付梅文盃と瀬戸染付梅文盃である。


そして、こうした酒器は、この時季以外に取り出すことはない。

桜文の器なら春に、薄(すすき)が描かれた器なら秋に。

器まで季節とともにあるのは、日本ならではの感覚だろう。


李朝染付梅文盃は、やはり李朝の白磁徳利と合わせる。

この徳利は、李朝中期の官窯だった金沙里窯の産。


幕末の瀬戸梅文盃は、骨董市で見つけたものだが、改めて眺めてみると、手早くも見事な絵付けだと思う。

もっとも、この盃を見つけたとき、ちょうど梅の季節だからと購入を決めたので、夏や秋なら買わなかったかも知れない。


それほどまでに、季節感というものが、身体化していることの不思議さは、骨董を買うようになってから痛感したが、逆に、だからこそ、松尾芭蕉が語ったように「夏炉冬扇」が風雅の道となるのではないだろうか。
posted by 城戸朱理 at 09:14| 骨董・工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

神田きくかわの鰻

IMG_5624.jpgIMG_5628.jpg



出光美術館で古唐津展を見たあとは、帝劇ビル地下の神田きくかわの支店に、みんなで行くことに。


昭和22年創業で、神田本店は、何度か行ったことがあるが、お重に入りきらないほどの鰻の大きさに驚いたものだった。

なにせ、お重の蓋を取ると、そのままだとお重からはみ出る鰻の尾が折り畳まれているほどなのだから。


鰻はふうわりと柔らかく仕上げられ、タレには、レンゲの蜂蜜を使っているそうだが、むしろ辛めで切れがいい。


まずはビールで乾杯し、鰻の腹身、肝焼きの串をもらい、冷や奴、玉子焼き、たこ酢、さらに鰻の白焼きを頼んで、菊正宗に燗をつけてもらう。


久保田潤さんは、画家ならではの視点で、絵唐津の線の魅力を語っていたのが印象深い。

石田瑞穂くんは、最近、十三代中里太郎右衛門作のぐい呑みを、唐津の人間国宝の作としては破格の安値で掘り出したそうだ。


出光美術館の会場には、小林秀雄と青山二郎が日本橋の骨董屋、壺中居で器を手にしている写真のパネルが展示されていたが、昭和の文学者と古唐津の関係に光を当てた展示に、みんな、感銘を受けていた。

小林秀雄が壺中居で手にしていたのは、絵唐津のぐい呑みである。


そして、鰻で飲みながら、なぜか話題は、すき焼きに。

瑞穂くんは、学生時代、友人とよく小津安二郎監督が得意だったカレーすき焼きをしたそうな。

カレーすき焼きは、小津安二郎監督が、高田高悟とともに茅ヶ崎館にこもってシナリオを書いているときに、来客にふるまったことで知られているが、煮詰まったすき焼きにカレー粉を加えたものだというから、見当がつかない。

傑作だったのは、遠藤朋之くんのすき焼きで、なんと遠藤家では、すき焼きと言えば、トマトとバジルに牛肉とわりしたを入れたトマトすき焼きなのだという。


そうこうするうちに、鰻重が来たが、久保田さんとバンビことパンクな彼女は、折り詰めにしてもらって持ち帰ったのだった。
posted by 城戸朱理 at 11:25| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする