サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
城戸朱理のブログ

2018年06月05日

クラッキンキッチン再訪

IMG_2958.JPGIMG_2970.JPGIMG_2973.JPGIMG_2978.JPGIMG_2983.JPG



ホテルに戻って、プールで泳いでから小憩し、夕食は再びクラッキンキッチンに行った。


ハワイの地ビールをピッチャーで頼み、前菜には小粒ながらクリーミィで濃厚な生牡蠣をもらう。

この牡蠣は「SHIGOKU」という品種らしい。



コンボは、ホワイトクラブ(ずわい蟹)、ソースはレッド(ケイジャン)とホワイト(レモンバター)。


スチームしたシーフードをビニール袋でシェイクしてソースと和え、豪快にテーブルにぶちまける様は、何度見ても驚きがある。



「驚きを表現するよ!」



バンビことパンクな彼女は、蟹スプーンを鼻の下に挟んで「驚き」を表現していた。

パンクだから仕方がないが、いいのだろうか、これで?



前回のキングクラブ(たらば蟹)に比べると、ホワイトクラブのほうが蟹がたっぷり入っている。

サイドディッシュはフライドポテトにしたが、これも山盛り。



今回はダンジネスクラブ(いちょう蟹)は不漁で、ありつけなかった。

したがって、ホワイトクラブ、キングクラブ、ロブスターのいずれかを選ぶわけだが、ホワイトクラブのコンボがいちばんボリュームがあるようだ。
posted by 城戸朱理 at 14:30| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤル・ハワイアンセンターのフードコートで

KIMG0010.JPGKIMG0007.JPG



遅い昼食はロイヤル・ハワイアンセンターのフードコートで。

何にするか迷ったあげく、ベトナム料理のフォーを食べることにした。


バンビことパンクな彼女は三種の牛肉のフォー、私はオックス・テールのフォー。

ハワイだと、日本なみにさまざまな国の料理がある。


フォーは野菜がたっぷり添えらており、あっさりしたスープで美味しかった。
posted by 城戸朱理 at 14:27| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイキキのギャラリア

IMG_2944.JPGIMG_2948.JPGIMG_2943.JPGIMG_2950.JPGIMG_3320.JPG



ダウンタウンからタクシーでワイキキに戻り、免税店、ギャラリアに寄った。

こちらはワイキキの観光客向けの顔のようなものだから、ダウンタウンとのギャップが凄い。


とくに欲しいものはないので、展示されていたハーレー・ダヴィットソンの写真を撮ったりしていたのだが、バンビことパンクな彼女が熱心に見ていたのは、エルメスのパヒュームである。

バンビは日本アロマ環境協会公認のインストラクターとアロマセラピストの資格を持っており、50種類以上の精油を聞き分けることができるが、エルメスのパヒュームだけは、ナチュラルな精油が使われており、お気に入りなのだとか。


バンビに勧められ、夏のオードトワレに「アン・ジャルダン・オン・メディテラネ(地中海の庭)」を購入した。
posted by 城戸朱理 at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シグ・オン・スミスのアロハシャツ

IMG_2930.JPGIMG_2957.JPG



ハワイで別格の扱いを受けているのが、シグ・ゼーンのアロハシャツ。

シグ・ゼーンは、ハワイ特有の植物をスケッチしては、それをシルクスクリーンで生地にプリントし、アロハシャツを仕立てる。

ひとつのパターンにつき40枚ほどしか作らないため、同じパターンには出会えない。

シルクスクリーンという技法も相まって、アートに近い扱いを受けている。


しかも、夫人が神事である古典フラ(カヒコ)の継承者であり、自らもカヒコを踊り、ハワイの精神性を重視するシグ・ゼーンは、ホノルルの商業主義を嫌い、店舗はハワイ島のヒロのみ。

ちなみにハワイアン航空の制服のアロハシャツやアメニティのポーチは、シグ・ゼーンのデザインだが、それはシグ・ゼーンが、ハワイのシンボルとして選ばれたということなのだろう。

ハワイではアロハシャツは正装だが、デヴィッド・イゲ・ハワイ州知事が愛用しているのもシグ・ゼーンである。



私は、13年前にハワイ島のキラウェア火山をトレッキングしたとき、ヒロの店舗を訪れ、シグ・ゼーンその人がお店にいたので、ご挨拶したことがある。


ところが、息子のカヒオ・ゼーン氏が、昨年、ついにオアフ島に出店した。

それが、ダウンタウンのスミス通りにあるシグ・オン・スミスで、金曜日のみの営業だが、ようやくホノルルでも、シグ・ゼーンのアロハシャツが入手できるようになったわけである。


入店したとたん、店員さんに「Nice Shrit!」と声をかけられたが、私が着ていたのは、ヒロで求めたシグ・ゼーン。

シグ・ゼーンのアロハシャツはひと目で分かる。


毎週、新作が二点ずつ入荷するそうだが、入荷したばかりという黒地にグレーのアロハと、一点だけ残っていた黒地にブルーのアロハ、2着を購入。


シグ・ゼーンは厚手のコットン地にココナッツボタンが特徴で、ボタンダウンが多い。


お店には、ひっきりなしにお客さんがやってきては、必ず何かしらを求めていく。

しかも観光客ではなく、現地の人がほとんどで、ハワイにおけるシグ・ゼーンの人気を見る思いだった。
posted by 城戸朱理 at 14:04| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダウンタウンへ

IMG_2937.JPGIMG_2935.JPG



5月25日は、ホテルで朝食を取り、ダウンタウンの様子を見に行った。

中華系の住民が多く、ワイキキ・ビーチとは違って、あふれるばかりの生活臭で、完全にアジアの雰囲気。


市場内のフードコートを歩いていたら「ワンダーラ(1ドルくれ)」と声をかけられたが、紛れもなく生活というものが、ここにはある。
posted by 城戸朱理 at 14:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸鶏のローストの夕食

IMG_2920(1).JPG



カハラモールからタクシーでホテルに戻り、小憩してからプールで泳いでいたら、外出するのが面倒になったので、夕食はホールフーズ・マーケットで買ったロースト・チキンとマンゴーで済ますことにした。

冷蔵庫から昨日買った、まぐろのポケとフルーツサラダを出し、メヒナ・ビールを開ける。


風に吹かれながら、ビールを飲んでいると、それだけで満ち足りた気分になる。
posted by 城戸朱理 at 13:34| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンゴー・シーズン

IMG_2832.JPGIMG_2835.JPGIMG_2837.JPGIMG_2842.JPGIMG_2844.JPG



ホノルル国際空港は、ダニエル・K・イノウエ国際空港と改称された。

日系二世で、第二次世界大戦に従軍し、戦後、アメリカの下院、上院議員を歴任、ハワイの発展につとめたダニエル・K・イノウエは、地元では知らない人がいないほどの名士である。


5月のハワイは、シャワーツリーが満開の季節と思っていたら、空港からホテルに向かうタクシーのドライバーが「ハワイは、今、マンゴー・シーズン」と言って、民家の軒先にマンゴーがたわわに実っている路地に回り道をしてくれた。


カハラモールにタクシーで向かうときには、やはり不思議な形の果実が実っているのを見かけたので、ドライバーに尋ねたら、グレープフルーツだという。

カハラモールのホールフーズ・マーケットでは、ハワイ産のマンゴーが、やはりハワイ産のバナナやパイナップル、パパイアとともに山積みになっていた。



ハワイは野鳥が多い。

22階のラナイ(ベランダ)にまで鳥が飛んでくる。

野鳥も、あちこちに実っている果実をついばんだりするのだろうか。
posted by 城戸朱理 at 13:12| エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カハラモールのごま亭で

IMG_2898.JPGIMG_2885.JPGIMG_2903.JPGIMG_2899.JPGIMG_2905.JPG



ホールフーズ・マーケットを歩き回って疲れたので、カハラモールで昼食を取ることにした。


ハワイで人気のラーメン屋、ごま亭があったので、ラーメンを試してみることに。

メニューを見ていたら、カレー・ロコモコを見つけた。

ロコモコは、ライスにハンバーグと目玉焼きを乗せ、グレービーソースをかけたものだが、グレービーソースのかわりにカレーをかけるとは、アイデアの勝利だろう。


そして、運ばれてきたロコモコは、大盛りどころではない。

大盛りふた皿分ほどの分量はある。

これは、もはやロコモコではない。

ハンバーグと目玉焼きをトッピングしたメガ盛りカレーライスである。

日本風のカレーは、人参と角切りの豚肉が具で、なかなか美味しい。



ラーメンは、鶏ガラの優しい味わいのスープで、チャーシューとほうれん草にネギが乗っている。

こちらはオーソドックスな醤油ラーメンだったが、チャーシューが異様に分厚い。

チャーシュー麺だと、このチャーシューが三枚乗っているようだが、こんな肉が三枚も乗っていたら、それは、もはやチャーシュー麺ではない。

厚切りの豚の角煮、麺入りスープと呼ぶべきだろう。


バンビことパンクな彼女と取り分けて食べたのだが、当然、完食することはできなかった。
posted by 城戸朱理 at 13:11| 美味しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カハラモールのホールフーズ・マーケットへ

IMG_2874.JPGIMG_2845.JPGIMG_2847.JPGIMG_2853.JPGIMG_2857.JPG



今回の旅は、アメリカの祝日、5月第4週月曜日のメモリアルデイ前後のハワイの雰囲気を感じ、アラモナア・ベイで挙行されるランターン・フローティングを見るのが目的なので、とりあえずカハラモールのホールフーズ・マーケットを見に行くことにした。

旅先では、市場を覗くべきというのは、民俗学の教えるところである。


ホールフーズ・マーケットはカラフルな石鹸が有名。

そして、とにかく広い。

アスパラやアーティチョークなどの野菜が積み上げられ、魚の切身は日本の倍以上の大きさだし、ステーキ肉も分厚い。


フルーツも豊富だが、チーズ売場の充実ぶりにも目を見張った。
posted by 城戸朱理 at 12:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

「幻を見るひと」、インドの国際映画祭に正式招待決定!

IMG_1924.JPGIMG_1929.JPG



京都を舞台にした吉増剛造さん出演のドキュメンタリー映画「幻を見るひと」(井上春生監督)が、7月にスペインで開催されるマドリッド・アジア国際映画祭の正式招待されたことは先にお伝えしたが、続けてインド、ムンバイ南東の大都市プネーで6月9〜10日に開催されるブッダ国際映画祭への正式招待が決まった。

これがアジア・プレミアとなる。


それにしても、先に8月にギリシアのクレタ島で開催されるレラペトラ国際映画祭が決まり、次に7月のマドリッド・アジア国際映画祭、さらに6月のブッダ国際映画祭と、開催時期が早い映画祭が後から決まっていくあたりは、お国柄というものなのだろうか。


いずれにしろ、アイルランドのダブリン、ニューヨークに続いて、五つの国際映画祭への招待が決まったわけで、「幻を見るひと」が、海外で注目を集めていることが分かると思う。

また、ニューヨークでは観客から「ゴウゾウ・ヨシマスは、いつも、この映画のようにしゃべり続けているのか」という質問があったそうだが、そうした質問が出ること自体が、文化圏ごとの「詩人」というイメージの違いを感じさせて、面白い。



日本公開が待ち遠しいが、これはエグゼクティブ・プロデューサーの私が言うセリフではないか。
posted by 城戸朱理 at 12:44| Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする